北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

吹き出す真っ赤な炎と煙…困窮者向け共同住宅で火災 男女2人の遺体見つかる 入居者の60代男逮捕

事件・事故 友だち追加

 9月30日朝早く、北広島市の生活困窮者向けの共同住宅で火事があり2人が死亡しました。

 警察は放火の疑いで入居者の男を逮捕しました。

 2階部分から吹き出る真っ赤な炎と煙。

 付近の住民:「家のドアの叩く音で飛び起きた。煙が充満している状態で玄関を開けたら2階の部屋の中が結構燃え上っていた」

2階から男女2人の遺体が見つかった共同住宅の火災

 午前5時40分ごろ、北広島市中央2丁目の2階建ての共同住宅「ロジック21」で「煙が出ている」と消防に通報がありました。

 共同住宅には15人が入居していましたが、2階から男女2人の遺体が見つかりました。 

 また高齢の男性が2階から飛び降りて足を痛め、病院に搬送されました。

 水上 孝一郎 記者:「近所の人の話によりますと、容疑者とみられる男はこちらの赤いベンチに座り、『俺が火をつけた』などと話していたということです」

 目撃者:「警察の人が(男に)事情を聴いていた感じだった」

 警察はこの共同住宅の2階に住む、無職の荻野 正美 容疑者(67)を放火の現行犯で逮捕しました。

 調べに対し荻野容疑者は…。

 「灯油を自分の部屋にまいて火をつけた」

 現場は北広島駅から800mほどの位置にあり閑静な住宅街。

 「ロジック21」は生活困窮者などを受け入れ、支援するNPO法人が運営していました。

火事があったロジック21 当時は15人が生活していた(撮影:2020年)

 これはUHBが2020年撮影した「ロジック21」の内部の様子です。

 当時、入居していたのは20代から70代までの15人で、家賃と食費を合わせて月額6万4500円。

 入居者の多くは生活保護受給者で「ロジック21」では入居者の自立も支援していました。

 北海道内では4年前にも生活困窮者向けの共同住宅で火事がありました。

 札幌市・東区の「そしあるハイム」です。

 11人が亡くなったこの火事を受け、全国の「低額宿泊所」などに対して防火体制の規制が強化されました。

 「ロジック21」でも消火器や火災報知機の設置など、対応に追われていました。

 またしても生活困窮者の共同住宅で起きた火災。

 警察は荻野容疑者の動機などについて慎重に調べています。

  • みんテレ