北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

【陸上】やり投の北口榛花が帰国「どんな競技場も“全力で投げにいける”のが安定した記録を生んでいる」

スポーツ 友だち追加

北口榛花選手

 陸上女子やり投げで7月の世界選手権(アメリカ・オレゴン州)で銅メダルを獲得した、北海道旭川市出身の北口榛花選手が9月20日、羽田空港に帰国しました。

 北口選手は7月の世界選手権で銅メダルを獲得。さらに、世界最高峰のダイヤモンドリーグでは6月の第7戦で日本勢初優勝。さらにトップ選手のみが出場できるファイナルで3位に入るなど大活躍の夏となりました。

 帰国会見に臨んだ北口選手は「世界選手権から3ヵ月経っているのであまり人がいないんじゃないかなと思っていたのですが、来てくださってすごくうれしいです。空港で会見を開くのは初めてなので貴重な経験です」と話しつつ「日本や地元北海道が盛り上がったのかあまり分かってなくて、これから少しずつ感じていくのではないか。(今後は国内の大会を転戦するので)日本の陸上ファンの皆さんと会える機会が増える。今しか注目してもらえるチャンスはないと思うので、今だからできることをやりたい」と日本での大会出場を楽しみにしていると語りました。

 また、世界選手権銅メダル。ダイヤモンドリーグ・ファイナルで3位と安定した力を出せている要因を報道陣から問われるとー

 「冬季からずっと練習を着実に積めている自信がある。どんな競技場で走って投げても怖さがない。どんな競技場でも全力で投げにいけることが一番安定した記録を生んでいる」と自己分析しました。

 そして、久しぶりの故郷・日本で堪能したい料理を訊ねられるとー

 「(拠点を置いている)チェコの料理は味が濃いものが多くて、お蕎麦とか、焼肉も食べたいですし、生のおさかな、お刺身も食べたい」と日本の料理を食し英気を養いたいと話しました。

 北口選手は今後、全日本実業団対抗選手権(9月23~25日・岐阜)を含め、国内で3試合に出場予定です。

  • みんテレ