北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「やっぱり、帰りたかったんでしょうね…」新たに男性の遺体発見 知床観光船事故行方不明者の可能性

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道知床半島沖で26人を乗せた観光船が沈没した事故で、観光船「KAZU1(カズワン)」の行方不明者の捜索を続けてきたボランティアが9月17日、男性の遺体を発見しました。

 事故からまもなく5か月。行方不明者の家族のため執念の捜索を続けています。

 捜索ボランティア 桜井 憲二さん:「見つかってよかったです」

 知床半島で9月17日、男性の遺体を発見した羅臼町の桜井憲二さんです。

 桜井さんら、ボランティア4人は17日、半島先端付近の啓吉湾で男性の遺体を、文吉湾で腰の骨のようなものを見つけました。男性の遺体は入江の岩の上でうつぶせ状態で発見され、黒のズボンを履いていたということです。

知床半島周辺で捜索を続ける桜井憲二さん

 捜索ボランティア 桜井 憲二さん:「物理的に上がってくることはないなと思っていたので。驚きましたよね。やっぱり、帰りたかったんでしょうね」

「KAZU1」の乗客乗員8人の行方が分かっていない

 2022年4月に起きた観光船「KAZU1(カズワン)」の沈没事故。18人の死亡が確認され、依然8人の行方がわかっていません。

 桜井さんらボランティアは、5月から捜索を開始し、8月にも乗客の骨を発見していました。

 捜索ボランティア 桜井 憲二さん:「みんな協力して探してほしい、まだ…」

桜井さんたちの捜索(2022年9月17日)

 捜索は8月で終了の予定でしたが、捜し切れていない場所があったことから、今回の捜索に踏み切ったといいます。

 捜索ボランティア 桜井 憲二さん:「一人でもいいから、家族のもとに返せればいいなと思いました。家族にしてみれば、捜索されていない場所があるのはつらいでしょうから。本当にぎりぎりでしたよね、この台風くるので、今日見つけられなかったらもう見つからなかったかもしれない」

見つかった遺体は観光船関係者の可能性がるとみて調べる

 家族への思いを胸に、捜索を続けてきた桜井さんらボランティア。海保は巡視船で遺体を網走港に運び、警察に引き渡しました。

 警察は行方不明者の可能性もあるとみて、身元の確認を急いでいます。

  • みんテレ