北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

時速40キロ出ていた? 乗車前には講習をしていた…ゴーカート事故 主催者が説明 北海道

事件・事故 社会 友だち追加

事故があったのと同型のゴーカート(北海道森町=2022年9月18日午後)

 9月18日午前、北海道森町でゴーカートがコースをはずれて人の列に突っ込み、3人が病院に運ばれ、2歳の男の子が意識不明の重体となった事故で、18日午後、イベント主催者が取材に応じ、「ゴーカートがピットインで減速できないまま人の列に突っ込んだ。時速は40キロくらい出ていたのではないか」などと説明しました。

 この事故は、森町にあるグリーンピア大沼の敷地内で、18日午前11時45分ごろ、女の子が運転するゴーカートがコースを外れて、近くにいた5人に突っ込み、2歳の男児が意識不明の重体になるなど、3人が病院に搬送されました。

 当時、会場では、子どもを対象にモータースポーツなどが体験できるイベントが行われていました。

 イベントの主催者は、18日午後、報道陣の取材に応じ、「乗車を終えて、通常はブレーキをかけて交代するレーンに入る際、運転操作を誤ってそのまま進み、観客にけがをさせてしまったのではないか」と説明しました。

 当日、イベント会場には、「高速」と「低速」の2種類のゴーカートが用意されていて、高速のカートの方で事故が起きたということで、事故当時、スピードは時速40キロほど出ていないのではないかと話しています。

 乗車前には講習を行っていたということで、身長をクリアすれば高速のカートも運転が可能だということです。

事故のあったイベント会場(北海道森町=2022年9月18日午後)

 主催者は、「主催者として申し訳ない。本来であれば興味を持ってもらいたいと思っていたが、けが人を出してしまったことは大変申し訳ないと思っている」と話しています。

 警察で、事故の詳しい原因を調べています。

  • みんテレ