北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「複数人での確認は絶対必要」相次ぐ保育事故…通園バス安全管理調査へ 「トリプルチェック」で対策強化も

事件・事故 社会 友だち追加

 静岡県の認定こども園で送迎バスに園児が置き去りとなり死亡した事件を受けて、保育の現場でも、独自の安全対策の徹底が進められています。

 現状を緊急取材しました。

 保護者(子ども1歳):「子どもを持つ親として安全に生活できる環境を整えてもらいたい」

 静岡県の事件を受けて国は通園バスを持つ全ての幼稚園や保育所、認定こども園などの一斉点検の実施を決定。

静岡県の事件を受けて"一斉点検"の実施を決定

 北海道も国の指示で今週から安全管理の調査に乗り出しています。

 道子ども子育て支援課 菊谷 克己 課長:「(国からは)送迎バス乗車時に複数で名前や人数を確認しているか、点検項目として示されている」

 調査は2022年内に完了する予定ですが、保護者からはしっかり取り組んでほしいという声が上がっています。

 一方、国の一斉点検とは別に、独自に安全対策の強化に乗り出す認定こども園もあります。

札幌市・中央区の札幌大谷幼稚園です。

 園では以前から送迎を全て終えた後に、バスの運転手と乗務の先生が車内を「ダブルチェック」して安全を確保してきました。

 しかし今回の事件を受けて、園長が最終確認を行う「トリプルチェック」制を取り入れました。

運転手×先生×園長の「トリプルチェック」で対策強化

 さらに…。

 熊坂 友紀子 記者:「背もたれに園児が隠れてしまう可能性もある通園バス。こちらの幼稚園では、前からだけでなく座席1つ1つ確認することも大切にしています」

 札幌大谷幼稚園 渡邉 元 園長:「安全安心を第一にしなければならない。全職員、肝に銘じた一つの教訓。当たり前のことを当たり前にしていく。複数での確認は絶対に必要なこと」

「安全安心を第一にしなければならない」

 一方、通園バスに関わらず、子供たちの安全を守る上で保育の現場が抱える問題の改善を求める声も上がっています。

 札幌市私立幼稚園連合会 藪 淳一 会長:「今回のバスの件も含め、保育中に起きる事故というのは、人手不足と業務負担が大きな影響を与えているのではないか。保育者が心にゆとりを持って日々の業務にあたる環境を作っていくことが、保育事故を減らしていくために重要」

保育の現場が抱える問題の改善を求める声も

 大切な子供たちのいのちを預かる保育の現場。

 国には現場が抱える根本的な問題の改善も同時に求められています。

  • みんテレ