北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「21歳…うそであってくれれば」 知人語る悲痛な思い 知床観光船沈没事故 3人の遺体身元判明 北海道

事件・事故 社会 友だち追加

 死者は18人となりました。北海道・知床沖で観光船が沈没した事故で、サハリンから戻ってきた3人の遺体の身元が9月13日、判明しました。亡くなった人を知る人が悲痛な胸の内を語りました。

 北海道北見市の女性(21)の知人:「うそであってくれればと。21歳と若いですし活発でこれからいろんな楽しいことが…」

 身元が確認された北見市の女性を知る人が語る、悲痛な思い。

 2022年4月、知床沖で26人が乗る観光船KAZU1が沈没した事故で9月10日、サハリンから北海道に戻ってきた3人の遺体。

 海上保安庁のDNA鑑定の結果、2022年5月に国後島で発見されたのは北見市の21歳(事故当時)の女性と、KAZU1の甲板員・曽山聖さん(事故当時27歳)で、6月にサハリン南部で見つかったのは江別市の(事故当時)59歳の男性と確認されました。

 これで沈没事故の死者は18人に…。海保はきょうも8人の行方不明者の捜索を続けています。

沈没事故発生からの遺体発見の経緯

 事故があったのは2022年4月23日。翌日に乗客11人が発見され、4月28日新たに乗客3人が見つかりました。

 5月に国後島で2人、6月にサハリン南部で1人が見つかり、9月13日に3人の身元が判明しました。また、8月に知床半島西側の海岸で見つかった頭の骨は、9月2日に観光船カズワンの乗客だったことがわかっています。

  • みんテレ