北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

残る行方不明は11人に… “頭の骨”のDNA型が一致 知床観光船沈没事故

事件・事故 社会 友だち追加

沈没した観光船

 2022年4月に北海道知床沖で26人が乗った観光船が沈没した事故で、8月に発見された頭の骨のDNA型が行方不明者と一致したことがわかりました。

 海上保安庁は、これで行方不明者は11人となったと発表しました。

 知床沖で観光船KAZU 1が沈没した事故では、これまで14人が死亡、12人の行方がわからなくなっていましたが、8月14日に行方不明者をボランティアで捜索していた地元の漁師が知床半島の啓吉湾周辺で頭の骨やスニーカー、ジーンズなどを発見していました。

 北海道警がDNA鑑定を進め、海上保安庁によりますと9月2日、頭の骨のDNA型が行方不明者の1人と一致したという連絡がありました。

 海上保安庁はその行方不明者の家族に連絡していて、今後スニーカーやジーンズなども本人のものか確認を進めるとしています。

 これで事故の死者は15人、行方不明者は11人となりました。

 このほかロシア・サハリンと北方領土の国後島では行方不明者とみられる男性2人と女性1人の遺体が見つかっていて、8月28日にはサハリンで日本人とみられる男性の遺体が見つかっています。

  • みんテレ