北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

観測史上最大の大雨 茶色に染まった街… 深刻な農業被害も明らかに 日勝峠は通行止め続く

天気 友だち追加

 観測史上最大の大雨に見舞われた北海道南部の今金町では住民が8月17日朝から泥の後始末に追われています。

 また、深刻な農業被害も明らかになってきました。

 まるで川を泳ぐように道路を進む軽乗用車。上空から捉えた写真に映し出されたのは茶色に染まった街の姿でした。

 佐藤 健 カメラマン:「腰の高さまであった水は引いていますが、道路にはまだ沢山の泥が残されています」

 今金町では8月15日から24時間で観測史上最大となる226ミリの大雨を記録。

 住宅街の一部では一時腰までつかるほど冠水し、町内の床上床下浸水は少なくとも合わせて10件確認されています。

一時腰までつかるほど冠水

 住民たちは朝早くから泥のかき出し作業に追われています。

 住民:「これここまできたの水。ここまできて車と車庫2台ダメ。消防も放水車を道をきれいにしていたがまだまだこれからです。

 一面水浸しになり湖のようになる畑。一夜明けて、JA今金町の職員が農業被害の調査を開始しました。

湖のようになる畑

 JA今金町 佐藤 部長:「(いもが)出ている、ここもうダメです。昨日の段階では総数わからないけど、かなりの被害になる」

 雨水によって無残にほり出されたジャガイモ。「今金男しゃく」としてブランド化されています。流通量が少なく「幻のイモ」とも呼ばれています。

 ぴりかファーム 新保 圭介さん:「水につかったいもは出荷できないので自分たちで食べるしかない今年は本当に幻のジャガイモになりそう減収になりますね」

 JA今金町によりますとジャガイモだけではなく収穫のピークを迎えたミニトマトや収穫直前だった稲なども被害にあったという事です。

 農家 山本 豊さん:「しかたがないでしょうというけど仕方がないだけじゃ明日の生活が大変だもの

 町は農協などと協力し被害の全容の確認を急いでいます。

 笠間 耕介 カメラマン:「国道274号線です道路わきの斜面が崩れて大量の土砂が流れ込んでいるのがわかります」

  • みんテレ