北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「タンスの下敷きに」北海道中川町で"震度5強" 住民避難 被害明らかに… 余震に土砂災害に警戒を

社会 友だち追加

プールの壁が一部崩れる被害

 そうした中、消防の車両が向かっていたのが…。

 丸山 俊介 カメラマン:「漏水による水不足を補うため、近隣の町から消防の水槽車が駆けつけています」

 消防の担当者「この先の地区が断水になっている方もいらっしゃるので、漏れていても補水して、なんとか(水が)無くならないよう対応しているところです」

 役場では水漏れ箇所を調べていて、住民の希望があればペットボトルの水を配布しています。

 中川町は8月8日に記録的な大雨に見舞われ、地盤が緩んでいるところもあります。

 気象台は今後1週間は、震度5強クラスの地震に注意するとともに土砂災害にも警戒するよう呼び掛けています。

『三角ゾーン』は『救命スポット』になる可能性

 地震への備え、改めて見直していきたいですね。

 気象予報士・防災士 菅井 貴子:「まずは家のチェックが必要。『三角ゾーン』という考え方がある。地震が起きると、天井が落ちてきたり、タンスや冷蔵庫などが倒れてしまうことがある。タンスや冷蔵庫が壁側に倒れて、『三角ゾーン』ができることがある。

 大きな家具、壁の横にできる『三角ゾーン』が『安全スポット』となることがある。

 さらに、被災時や被災後に、むやみに小さい子供の名前を呼ぶと、慌てて親の元に避難してしまう。危ない場所に出てしまう恐れがあるので、控えるようにしたい」

  • みんテレ