北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

消える“地方の百貨店” その切実なワケとは…北海道帯広市の老舗「藤丸」 閉店感謝セール始まる

友だち追加

 2023年1月末の閉店を予定している北海道帯広市の百貨店「藤丸」では、8月11日から閉店感謝セールが始まりました。

 地方の百貨店が次々と閉店する背景にあるものとは?

 帯広市の百貨店「藤丸」の閉店感謝セール。開店前から買い物客が訪れ、午前10時の開店と同時に売り場へと向かいました。

 田中 うた乃 記者:「人気アウトドアブランドのTシャツやパーカーが、30パーセントオフとお買い得になっています」

 第一弾のセールでは、衣料品や雑貨などが売り出されました。

帯広市の百貨店「藤丸」の閉店感謝セール

 来店客(50代):「お気に入りのタオルが安かったので買いました。最後になるのなら、少しでも来たいなと思って」

 来店客(70代):「寂しいです。私たちの年代は『藤丸』が必要なので、本当に寂しい」

 122年の歴史がある老舗百貨店が2023年1月末での閉店を余儀なくされたワケとは。地方の百貨店を取り巻く、厳しい事情がありました。

122年の歴史がある老舗百貨店が閉店

 藤丸 藤本 長章 社長:「122年間お世話になったみなさまに、感謝の気持ちをお返しする」

 婦人服のテナントをおよそ40年に渡り出店し、専門店会の会長も務めている臼井呉行さんは、厳しい状態が続いていたといいます。

 藤丸専門店会 臼井 呉行 会長:「今から2~3年前の閉店でもおかしくない状態を、今まで経営してきたのはすごい」

 1900年に呉服店として創業したのち百貨店となり、1982年には地上8階建ての現在の店舗が開業しました。

1982年に地上8階建ての現在の店舗が開業

 最盛期には年間145億円の売り上げがありましたが、最近は客が減少。新型コロナ感染拡大による外出自粛が追い打ちをかけ、122年の歴史に幕を下ろすこととなりました。2023年1月の閉店後の具体的な方針は示されていません。

 藤丸専門店会 臼井 呉行 会長:「我々のテナントも社員を抱えて経営しているので、今後の見通しは早ければ早い方がいい」

 帯広市の中心部に立地する「藤丸」。

  • みんテレ