北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

北海道で急増する「クマ出没」…人との領域が曖昧に? 夏のレジャー要注意 墓参りのお供え物は持ち帰って

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道内で相次ぐクマの被害。人間の生活圏でも目撃が増えています。

 もうすぐお盆休み、ふるさとで過ごす人も増えるなか、注意すべき点とは。

 夏休み、そして8月のお盆…。レジャーやお墓参りで山に近づく機会も増えます。心配なのが…

 視聴者:「クマじゃねえか」「クマだ」「おわーめっちゃクマじゃー」「うっそー」

 7月16日、三笠市の国道に突然現れたクマです。車の前を横切り、その後平然と山へ消えていきました。

人の生活圏に現れるようになったヒグマ

 さらに最近では山だけでなく、人間の生活圏でも出没や被害が相次ぐようになっています。

 斉藤 健太 記者:「現場は民家が点在している場所です、そしてこちらに花が見えるのですが、さらに奥の畑で夫婦は襲われたということです」

 7月15日、松前町白神で畑作業をしていた高齢の夫婦がクマに襲われました。現場は山に近いものの、民家や商店があり近くには墓地もある場所です。

 人の生活圏で起きたクマによる被害。町の人もショックを受けています。

 付近の住民:「(お盆参り行くのは)ちょっと躊躇する。でも行かないわけにはいかない」

 付近の住民:「仕事から帰ってきて、車から降りて家に入るまでとか周りを警戒してしまう。若干怖い」

人の食べ物の味を覚えたクマは非常に危険

 町では注意喚起を促すチラシを全世帯に配布するなど警戒を続けてます。

 松前町農林畜産課 福井 純一 課長:「(外へ)1人で行かないようにとか、音を鳴らすとか、あらかじめクマと接触しないような行動をとってほしい」

 また、道南地方では2021年7月に、松前町のとなりの福島町で女性がクマに襲われ死亡する事故が起きています。

 道立総合研究機構の分析の結果、松前町と福島町のクマは別の個体であることが分かりました。それぞれのクマはいまだ発見できていません。

 クマは大都市・札幌でもこれまでにないペースで確認されています。

 札幌市によると市内でのクマの出没件数は、2017年度の106件から、2021年度は185件と約1.8倍に増えています。2022年もすでに70件を超え、人との接触が懸念されています。

  • みんテレ