北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

運輸安全委員会が船体調査 知床沖の沈没事故から3ヶ月…船内にガラス破片 高波直撃で窓が割れた可能性も

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道知床沖の観光船の沈没事故で、国の運輸安全委員会は7月25日、船内の調査を行いました。

 知床沖で観光船KAZU1が沈没した事故は14人が死亡し依然12人の行方が分かっていません。

 25日午前9時ごろから、網走港近くの保管場所にある船体に国の運輸安全委員会の船舶事故調査官数人が調査に入りました。

 沈没事故を巡っては、海上保安庁の関係者によりますと、船内にガラスの破片が散らばっていたことから高波が直撃して窓ガラスが割れ浸水した可能性があるとのことです。

 また船底を仕切る壁に穴が開けられていたことがわかっていて、エンジンのある機関室に水が進入した可能性もあることから、調査官はこうした状況を確認したと見られています。

  • みんテレ