北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「素顔は恥ずかしい」 マスクを外せなくなった若者 "顔パンツ"と呼ぶ人も… 学校生活のいま

社会 友だち追加

 真夏のマスク着用をめぐり、熱中症のリスクが懸念されていますが、いま若者の間で気になる変化が起きていました。

 20代大学生:「(マスク生活でこの人の顔知らないということある?)学校のみんなあまりわからない。他の学科の人とか…」

 2年半に及ぶマスク生活。現在は、屋外で2メートル以上の距離が確保できる場合はマスクを外すことが推奨されるなど基準も変化していますが、逆にも増えています。

マスク生活の基準も変化

 大学生 10代「マスクでメイク下半分を省いちゃうことが増えてそういう状態で外に出ていることに慣れてるので外すというイメージになってしまうと抵抗はある」

 札幌市西区の「札幌山の手高校」。国の基準に基づき”マスクを外していい”としている体育大会をのぞいてみると…。

 石川 広大 記者:「競技中はマスクを外してもいいということですが、サッカーをしている高校生達は全員マスクをつけています」

 この日の最高気温は27℃。湿度は65%と蒸し暑い中、サッカーをする生徒たちですがマスクを外している人は1人もいません。

マスクを外している人は1人もいない

 文科省は熱中症のリスクがあるため体育の授業や運動部の活動中はマスクを外すよう教育現場に求めていますが思春期の高校生は…。

 札幌山の手高校 2年生ラグビー部: 「(Q部活でマスクする?)(マスクを)してます。しんどいです」

 札幌山の手高校 1年生ラグビー部: 「(Qマスクするの恥ずかしい?)(周りの友人は)自分の素顔を見られるのが恥ずかしいという人もいる」

 先生達も対応に苦慮しています。

 札幌山の手高校 南 和孝 教頭: 「顔パンツのように生徒の方がつけているのが当たり前になっている。なかなか外さない」

 どうやら熱中症の恐れがあっても子どもたちはなかなかマスクを外せないようです。

 マスクが顔に与える印象を研究している北大大学院の河原教授は…

 北海道大学 大学院文学研究院 河原 純一郎 教授: 「マスクをすることによって不安を和らげる働きもある」

 若者にとって、自分の表情を表に出さないようにすることが安心感につながりマスクを着けたがる人が多いのではと分析します。

  • みんテレ