北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

毎月1078円のサブスクで"食品・食材が10回" 「値上げの夏」に激安の"麺の直売店"もオープン

道内経済 友だち追加

 麺類やパンなど相次ぐ食品の値上げ。

 まさに「値上げが止まらない夏」となっていますが、この夏を乗り切るためのお得な店、お得な対策を見つけました。

 2食入りの生麺が…250円!

 定価1500円のお土産用のラーメンが…なんと500円!

激安でラーメンやそばを販売する「まるチョク・札幌駅北口店」

 麺類の値上げが続く中、激安でラーメンやそばを販売しているのが「まるチョク・札幌駅北口店」です。

 まるは製麺所 高橋 政広さん : 「さっぽろラーメンの縮れ麺です。市場価格ですと5玉で500円ほどで売られている。直売所では300円で販売している」

 生のさっぽろラーメンが、一玉60円!

1杯110円でラーメンが作れる!

 スープは1人前50円で販売されているので、1杯110円でラーメンが作れます。

 実はこの店、恵庭市の食品メーカー「まるは製麺所」の直営店で、仲介業者がいないため、販売価格を抑えられるのです。

 まるは製麺所では有名ラーメン店などにオーダーメードの麺を作ってきましたが、コロナ禍で出荷が低迷したため、2022年4月、この直売所をオープンしました。

 まるは製麺所 高橋 政広さん : 「プロが使っている物なので素材が違う。お店の味の物を家で食べられるのがメリットかなと思っています」

 扱うのは「生そうめん」やレストラン向けの「生パスタ」など、小売店の店頭ではあまり並ばない工場からの直送品です。

小売店にはあまり並ばない工場からの直送品

 まるは製麺所 高橋 政広さん : 「完全におそば屋さんでも使えるハイクオリティーなそばですね。まず二八そばを家で生の状態で食べることもなかなかないと思う」

 幌加内町など名産地のそば粉を使った製品は、本来なら400円ほどするといいますが、格安の250円で販売しています。

 お得なのは、直売所ばかりではありません。

 札幌・中央区のビルの入口には、なんと「無料」の文字が!

パンや野菜を持ち帰る人たちが…

 訪れた人たちがつぎつぎとパンや野菜を持ち帰って行きます。

 実はこれ、「サブスク」なんです。

 食品や食材が捨てられるフードロスを減らそうと、2年前から始まった「プラスフード」という取り組みです。

 プラスフード事務局 田尻 敏憲さん : 「月会費は1078円で、1か月に10回受け取る チャンスがあります。1回あたりだいたい500円前後の品が出るので、全部もらうとすると月に5000円分がもらえる」

  • みんテレ