北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

日本をどう守る?「防衛力強化」「憲法9条堅持」 ロシアと隣接する北海道 参院選候補者の"安全保障"は

政治 友だち追加

参議院選挙の投票日まで4日。政治は私たちの暮らしをどう変えるのか。

 ロシアのウクライナ侵攻で北海道でも関心が高い「安全保障」の問題。北海道選挙区の12人の候補者は何を訴えるのでしょうか。


 八木 隆太郎 キャスター:「こちらの書店の入り口、目立つ場所にロシア軍のウクライナ侵攻に関連した書籍のコーナーがあります。書店によりますと、問い合わせが増えてきたため、専用のコーナーを作ったということです」

 札幌の大型書店。

 2022年4月ごろから、ロシアの歴史やウクライナ侵攻に関する書籍をまとめたコーナーを設置。

 参院選が近付くにつれ、売れ行きも増えていると言います。

 中でも反響が大きいのが、帯広ゆかりの元自衛官・砂川文次さんの小説「小隊」。

 道東を舞台に自衛隊とロシア軍との地上戦を描いています。

 60代の女性:「今回ほど切実な思いはないですね。北海道は微妙な場所にあるので」

 候補の訴えのどんなポイントに注目するのか。

 国際政治や安全保障に詳しい専門家に聞きました。

 流通経済大学 植村 秀樹 教授:「大きな安全保障政策の変更になるのか、それともこれまでの路線の中でより充実させていくということなのか、どちらに方向が向くんだろうということが重要だろうと思います」

自民 新人 船橋候補

 12人が立候補している道選挙区。安全保障への考えを聞きました。

 自民党の新人・船橋利実候補は、防衛費のGDP比2%への増額などを訴えます。

 自民 新人 船橋 利実 候補:「北海道の防衛力強化。例えば人員を増やしていく。あるいは正面装備を充実させていく。こういうところに力を入れていかなければならない。防衛費、2%は極めて常識的な話だと思いますので」

共産 新人 畠山候補

 共産党の新人・畠山和也候補。

 平和外交を訴えるほか、改憲に反対しています。

 共産 新人 畠山 和也 候補:「憲法9条を変えるとなれば、まさに戦争に参加できる日本、というメッセージを諸外国にも送ることになるわけですから、これはやっぱり歯止めをかけて、憲法改悪はさせないという立場で頑張りたいと思います」

  • みんテレ