北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

【あしたの暮らし私の一票】物価高で"北海道の味"も危機 生活脅かす状況に参院選・各候補の訴えは…

政治 社会 道内経済 友だち追加

 政治は私たちの生活をどう変えるのか。

 7月5日から「あしたの暮らし私の一票」としてお伝えします。

 1回目は暮らしを襲う物価高。影響はあの札幌名物にも及んでいます。

 茹でてよし、焼いてもよし。北海道のソウルフードも世界情勢と無縁ではありません。

 鎌田 祐輔 記者:「大通公園といえばとうきびワゴン、しかしここでも物価高の影響を受けています」

 とうきびワゴン運営会社 山賀 健一 社長:「プロパンガスが上がりました。タレのしょうゆも上がってます。1本50円くらい利益が落ちてます」

 ガス料金の高騰は家庭も例外ではありません。北ガスが試算した今月の一般的な家庭のガス代は1年前に比べて21%も値上がしています。

 生活を脅かす物価高。円安で輸入品の価格が上がっているほか、ロシアのウクライナ侵攻で石油や小麦など原材料が高騰しているためです。

 先の見えない状況に道民は。

 北海道民:「野菜の値段とか結構上がっているなと思う。他のもので代用するとか」

 北海道民:「ガソリン代が高くなってくると遠出するか迷う。旅行はしにくくなる。困っちゃうよね」

なんでも値上がり…

 各候補はどのように物価高を解消しようと考えているのでしょうか。

 自民党の新人・船橋利実候補は寒さの厳しい北海道は光熱費を補助すべきと訴えるほか、1兆円の対策予算を生かし地域ごとの対策を進めるとします。

 船橋 利実 候補:「エネルギー関係はガソリンだけやっているが、北海道の場合は灯油もこれからやらなければいけないし、地域の実情に応じた物価高対策。経済の部分で賃上げにつながるような手当をする」

 共産党の新人・畠山和也候補、消費税減税で家計を助けるべきと訴えます。財源は企業の内部留保への課税です。

 畠山 和也 候補:「消費税減税と賃上げが必要だと思います。財源作ってちゃんと消費税減税ですべての品目の値段を下げることが必要。大企業などが内部留保を蓄積したアベノミクスで上げた分。税金をかけてこれを賃上げに回せるように中小企業の支援を進めたいと思う」

 自民党の現職・長谷川岳候補。国が準備した1兆円の対策費を活用するほか、地域の実情に合わせて物価高対策を拡充すると訴えます。

 長谷川 岳 候補:「地域によって必要な燃油高騰対策やエネルギーの高騰対策が変わる。それぞれの地域で対応を出せる地方創生臨時交付金というのがある。その拡充を私はするべきと思う」

  • みんテレ