北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

ススキノ“客引き” ダメ! 「100mついてくる…」新条例で罰則5万円過料も 安心安全で楽しめる街へ

社会 友だち追加

 北海道札幌市の中心部で客引きを禁止する、新たな条例が7月1日に全面施行されました。

 罰則の適用もあるだけに悪質な客引きが減ることが期待されています。

 マチの人:「(Q:キャッチされた経験ある?)あるよね。ついてくるの普通じゃない?横断歩道から横断歩道まで100メートルくらいついてくる」

    「(店に行ったら)そんなこと言ってないですよって言われる。結局は高くなる、オーダーしなくていいって言われても席代とか色々(料金)とられて」

 悪質な客引きが問題となっている、札幌の歓楽街・ススキノ。

 7月、全面施行された罰則規定の適用を含む「客引き防止条例」で、札幌のマチは変わるのでしょうか。

北日本最大の歓楽街ススキノ

 指導員:「客待ち行為もダメ」

 ティッシュ配りをしている人に客引きをしていないか、確認する場面も…

 指導員:「お店から聞いているでしょ?」

 店のスタッフ:「聞いてます、聞いてます」

 指導員:「(客引き)できないからさ」

 7月1日夜の札幌・ススキノの様子です。客引き防止条例が全面施行された初日、指導員が見回りを続けていました。

指導員が目を光らせる

 札幌市によりますと、これまでは風営法や道迷惑防止条例などで規制されている、接待を伴なう飲食店だけが条例の対象でした。

 今回はさらに居酒屋やカラオケ店など、全ての業種まで広げたのです。

 「コンビニの前や路上でマスクもつけず喫煙や飲食しながら、たむろしている」

 「声をかけられるのが怖い」

 札幌市によりますと、市民を対象にしたインターネットのアンケートで、約9割が客引き行為を好ましいとは思わず、約7割が規制の必要性を訴えたことが背景にあるといいます。

 札幌市区政課 奥木 貴史 課長:「(居酒屋などの)客引き増えてきて、地元の人からも対応してほしいと新たな規制等が必要で、客引き防止条例制定した」

  • みんテレ