北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

物価高対策に一次産業支援も…参院選公示後初の週末 支持求め"舌戦本格化" 大物の支援も 北海道選挙区

政治 友だち追加

 30℃を超える気温となり、本格的な夏が近づいてきた北海道。選挙戦も熱を帯びてきています。参議院選挙が公示されて初めての週末。北海道選挙区の候補者たちは何を訴えたのでしょうか。

北海道選挙区の自民党新人 船橋利実候補

 6月25日、今シーズン初めて30℃を超え、真夏日となった札幌。

 参院選公示後初の週末は、立候補した12人のうち、7人が大票田 札幌で支持を訴えました。

 自民 船橋利実候補:「候補者としての私に対して、追い風を感じることは今はない」

 認知度を上げて追い風に乗りたい自民党新人 船橋利実候補。

 6月25日、前知事の高橋はるみ参院議員が応援に駆け付けました。

 週末は、地方から札幌に人が集まる傾向があるとして、約1時間かけて地下街を練り歩きました。

 そして、街頭で訴えたのは、札幌市民の関心が高い除排雪の改善です。

 自民 船橋利実候補:「札幌の除排雪の体制を思いっきり変えていきたい。そのために使うのがデジタルと自動走行。札幌を便利で豊かな街にすることによって、若い人が増える街を一緒に作っていきたい」

北海道選挙区の共産党新人 畠山和也候補

 共産党新人 畠山和也候補。初の週末の遊説先に選んだのは、いじめの問題で揺れる旭川市など上川地方です。

 共産 畠山和也候補:「学校が忙しい、先生も足りない、子供たちが置いてけぼりになっていく状況を、見過ごすわけにはいかない」

 畠山候補は元中学校教師。

 政治の力で教育環境の改善を目指し、安全保障や物価高対策においても生活者の味方になると強調しました。

 
 共産 畠山和也候補:「憲法9条を壊すのか、それとも生かすのかの、2つしかない。物価高騰もアベノミクスを続けるのか、それとも切り替えるのか。対決軸は2つ。これではっきりと立場を明確に、庶民の味方となるのは日本共産党・畠山和也だと訴えれば支持は広がっていくと思う」

北海道選挙区の自民党現職 長谷川岳候補

 十勝の農村地帯を走る自民党現職 長谷川岳候補。

 前回選挙からの6年で後援会を、8から161まで増やし、地方を丁寧に歩く、地道な選挙戦を展開しています。

 農業にも情報通信技術を活用したいと訴えます。

 自民 長谷川岳候補:「人口が減っていくなかで、大きなほ場を持ちながら営農活動をするためには、やはり情報通信の技術を、どういうふうに労働力の負担の軽減に繋げていくかということが、非常に重要だと思います」

 自民党で2議席獲得を目指すなか、情勢は楽観できないとして支持拡大を訴えました。

 自民 長谷川岳候補:「はがされ、はがされ、はがされている、長谷川陣営ですが、皆さんの力でなんとか3選目に向けて、押し上げていただきたい」

  • みんテレ