北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

国有林に100頭以上"エゾシカ"の骨や皮… 解体された形跡も 数年に渡り不法投棄か クマ誘因の恐れ

事件・事故 社会 友だち追加

大量のシカの骨や皮が見つかった現場

 北海道東部の厚岸町の国有林で、100頭以上のシカの骨や皮が見つかりました。不法投棄されたとみられ、警察が捜査しています。

 田中 うた乃 記者:「シカの毛のかたまりや骨とみられるものが散乱しています。このようなシカの死骸の一部が、この先100メートルほどまで広がっています」

 大量のシカの骨などが見つかったのは、厚岸町の別寒辺牛川流域の国有林です。

 北海道森林管理局によりますと5月16日、調査をしていた作業員が散乱していたエゾシカの皮や骨を発見しました。

 その後の調査で100頭を超えるエゾシカの死骸の一部が見つかりました。

 解体されたあとがあったことから、他の場所で解体され、数年にわたり不法投棄されたとみられています。

 北海道森林管理局 根釧西部森林管理署 梶岡 雅人 署長:「角を取られていたり、肉はほとんどなく皮だけ残されている。ほかで解体したものを持ち込んで捨てているのではないか」

遺棄現場は牛を襲っているクマの出没区域に重なる

 森林管理局は関係機関に通報し、警察は廃棄物処理法違反と鳥獣保護法違反の疑いで捜査しています。さらに大きな問題が…

 田中 うた乃 記者:「現場の国有林はクマの出没区域で、シカの死骸のにおいがクマを呼び寄せてしまう可能性があるということです」

 現場は、厚岸町や隣の標茶町で放牧中の牛を襲っているクマ「OSO18(おそ・じゅうはち)」の出没区域と重なっていて、森林管理局は10月からの狩猟期間の入林を禁止する措置などを検討しています。

 また、6月10日現場付近に自動撮影カメラを設置し、速やかに死骸の撤去を進めていくとしています。

  • みんテレ