北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「キラキラネーム」どこまで認める 戸籍に“読み仮名”記載へ…法改正で試案 街にあふれる個性的な名前

社会 友だち追加

 いわゆる「キラキラネーム」は、どこまで許されるのでしょうか?

 政府は戸籍の氏名に読みがなをつける法改正に向けた、中間試案をまとめました。街で意見を聞いてみると意外な反応が。

 埼玉県民:「名前は『飛馬夢』と書いて『トマム』です。母親が北海道出身で、地名のトマムを当て字にしてキラキラネームになった」

 北海道民:「名前は『瀬梨夏』で『セリナ』です。姉は『来夢』と書いて『ライム』です」

 北海道民:「子どもは『瑛乙』と書いて『エイト』です。甲乙の乙と書いて『と』と読みます。少し読みづらいかなと思ったが、字画を見てもらいました」

意外と多い個性的な読み方

 名前を聞いてみると、個性的な読み方をする人が意外と多いのがわかります。

 政府は戸籍法改正に向け作業を進めています。

 現在、戸籍の氏名に記載のない、読み仮名をつけるというものです。

 デジタル化を進めるために、読み方の登録が欠かせないというのです。

 名前の歴史に詳しい京都文教大学の小林康正教授は、法改正の背景について名前の読みにくさがあるといいます。

 京都文教大学 総合社会学部 小林 康正 教授:「キラキラネームといわれている名前が、読みにくいと認識されたことがある」

 2021年に生まれた子どもの名前で多いベスト3を見ると、同じ漢字でも複数の読み方がある名前が多いのがわかります。

2021年生まれの名前ベスト3

 また、通常の読み方では読みにくい名前もあります。

 法務大臣の諮問機関である法制審議会は、法改正に向けた中間試案をまとめました。

 読み方をどこまで認めるか3つの案を示しています。

 最も規制の緩い案は、今まで通り公序良俗に反しない限り認めるというものです。

規制が最も緩い案

 この案では「騎士」と書いて英語の「ナイト」と読むものや、「高」と書いて反対の意味の「ひくし」と読むものも認められそうです。

 これに対して最も規制の厳しい案は、文字の意味と関連性があるか、漢字の慣用的な読み方以外は認めないというものです。

  • みんテレ