北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

死体遺棄容疑で逮捕された男性教師…事件翌日も通常通り学校に出勤 元同僚女性の遺体を雑木林に埋めた疑い

事件・事故 社会 友だち追加

 事件前後の行動が明らかになってきました。5月30日、北海道・帯広市内の雑木林に元同僚の女性の遺体を捨てたとして送検された教師の男は、事件の翌日も通常通り出勤していたことがわかりました。

 田中 うた乃 記者:「こちらが現場とみられる場所です。縦3メートル、横2メートルほどの穴が掘り起こされたような跡があります。その上には、白い花が手向けられています」

 ひっそりと静まり返った雑木林の中で、切り株の横に置かれた「白い花束」。

 この事件は5月30日夜、帯広農業高校の教師、片桐朱璃容疑者(35)が前任の高校で同僚だった、北見市に住む宮田麻子さん(47)の遺体を、帯広市内の雑木林に捨てた死体遺棄の疑いで逮捕、送検されたものです。

事件現場を捜索する様子

 片桐容疑者を恩師だと語る元教え子は…

 片桐容疑者の元教え子:「(片桐容疑者は)生徒の目線で常にいてくれた先生。野球大好きだなという熱意のある先生」

 これまでの調べで、事件前後の動きが徐々に明らかになってきました。

 遺棄事件の前日の5月29日、宮田さんは家族に「釧路に行く」と伝え外出していましたが、捜査関係者によりますと、宮田さんはその日、帯広市内で片桐容疑者が副部長を務める、高校の野球部の試合を観戦していました。

 その翌日の5月30日午後8時ごろ、片桐容疑者は勤務を終えた後、宮田さんの遺体を雑木林の中に埋めたとみられています。

事件の前後の片桐容疑者の行動

 そして、次の日の5月31日、片桐容疑者は通常通り学校で勤務していたことが、新たにわかりました。

 警察の調べに片桐容疑者は…

 「車の中で殺した」「スコップで穴を掘って埋めた」という趣旨の供述をしているということです。

 片桐容疑者の元教え子:「正直、報道で知らされること自体が悲しい。『何やっているんだよ』という思い。どこでこうなってしまったんだろう…」

 警察は2人の間にトラブルがあったとみて、事件の詳しい動機を調べるとともに、殺人の疑いでも捜査を進めています。

  • みんテレ