北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

潮にまみれたレンズやかばん…行方不明者の所持品 観光船から家族の元へ「言葉にできない思いがある」

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道知床沖で沈没した観光船に残された、行方不明者の所持品が家族の元に返されました。

 潮にまみれたカメラレンズ。中には海水が入っています。

 これは、海底115mに沈んだ観光船「KAZU 1(カズワン)」から民間の潜水士が回収した、北海道外に住む乗客の所持品です。

 このほか、開封されていないお茶のペットボトルや、かばん、メモリーカードなどが海上保安庁から家族のもとに返されました。

 北海道の大自然で写真を撮るのが趣味だった持ち主は、いまだ行方不明のままです。

 家族は6月1日、陸揚げされたカズワンの船体を確認し、献花をしましたが、事故の現実を受け止められないといいます。

 所持品を受け取った家族:「事故から時間が止まっている。家族にしか分からない、言葉にできない思いがある。所持品が返ってきたが、船に乗っていたことが信じられない。本当はどこかにいるのではないか」

 一方、6月1日に陸揚げされたカズワンでは、2日も海上保安庁による船体の調査が続いていて、運航会社の桂田社長も立ち会いました。

(KAZU1の「ワン」は正式にはローマ数字)

  • みんテレ