北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

【速報】泊原発訴訟 運転差し止め命じる判決 廃炉請求は棄却 札幌地裁

事件・事故 友だち追加

運転差し止め判決後の原告や支持者たち(札幌地裁前=2022年5月31日午後)

 北海道電力・泊原子力発電所の安全性に問題があるとして、周辺の住民などが、運転差し止めや廃炉などを求めている裁判で、札幌地裁は5月31日、運転差し止めを命じる原告勝訴の判決を言い渡しました。

 この裁判は北電・泊原発の周辺地域の住民など約1200人が、地震や津波に対する安全性が不十分だとして、泊原発1号機から3号機の運転差し止め、使用済み核燃料の撤去、廃炉を求めていたものです。

 審理は10年以上続けられ、泊原発近くの海域に活断層があるかどうかや、防潮堤などの津波対策が十分かなどについて、主張が交わされてきました。

 31日の判決で、札幌地裁の谷口哲也裁判長は、「防潮堤について地盤の液状化等のおそれがないことについて、被告(北電)が相当な資料による説明をしておらず、津波に対する安全性を欠いており、周辺住民の生命、身体人格権(生命・身体)を侵害するおそれがある」「危険性が及ぶ範囲は泊原発から30キロ圏内なので、その圏内に住む原告らとの関係で運転差し止めを認める」などとして、運転差し止めを命じる判決を言い渡しました。

 使用済み核燃料の撤去請求については、「危険性は認められるものの、撤去先を限定することなく撤去を求めていて、撤去先の住民の人格権侵害のおそれがある。」などとして棄却。一方、被告には「危険性がないことについて、相当な資料によって説明が必要」としました。

 廃炉請求については、「原子炉を止めるなどの個別防止策は必要になるにしても、廃止まで必要であるとする具体的な事情が見出し難い」として棄却しました。

 判決後、北海道電力は、「泊原発の安全性について、最新の知見を踏まえながら科学的・技術的観点で説明してきたものの、主張を理解いただけず誠に遺憾。すみやかに控訴の手続きをする」とコメントしています。

  • みんテレ