北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

"3年ぶり"に本格的な「運動会」初夏に開催…コロナ感染対策で競技内容に変化も 札幌市内の小学校

くらし・医療 友だち追加

 札幌市内の小学校では、週末の雨で延期されていた運動会が5月30日に無事開催されました。新型コロナウイルスの感染拡大以降、初夏のこの時期に札幌市内で本格的な運動会が開かれるのは3年ぶりとなります。

 勢いよく駆け出したのは、低学年の子どもたち。小学校に入って初めての運動会です。

 札幌市東区の伏古北小学校では、5月28日に運動会を開く予定でしたが雨で順延、5月30日の開催となりました。

 札幌市内の小学校では、感染拡大の影響で去年までは運動会の縮小や、秋に延期するケースが目立っていましたが、5月から6月の初夏に通常通り開催するのは3年ぶりです。

 保護者:「去年はできなかったんですけど、今年は念願叶って応援に来ることができて」

 保護者:「今回は"運動会"ということで、子どもたちのモチベーションが違うと思う」

コロナ禍で生まれた新競技 その名も"ウーバーボール"

 感染拡大後、初の本格的な運動会。学校側も感染対策には細心の注意を払います。

 かけっこは1レーンずつ空けて、密にならないよう対策。熱中症を防ぐため、競技中はマスクを外しますが、待機するあいだはマスクを着用します。

 また、児童だけでなく保護者にも規制が。会場の密を避けるために、グラウンドでの保護者は1家族につき2人に限定。保護者を分散させるため、運動会は2学年ごとに行われました。

 かけっこ、団体競技、よさこいソーランとプログラム終了までの所要時間は、わずか45分です。生まれて初めて運動会に出た1年生は…

 1年生の児童:「かけっこが楽しかった」

 1年生の児童:「ソーランのポーズが楽しかった」

 かつて運動会といえば、家族が集まり、みんなで昼食を囲み、1日をかけ様々な競技をこなすのが一般的でした。
 
 観覧した保護者は、どのように感じたのでしょうか。

 保護者:「上の兄弟は本当は騎馬戦があったが(コロナで)中止に。そういう競技も、おもいきりさせてあげられたらと思ってます」

 保護者:「コロナに苦しんでる世代の子どもたちなんで、規模は縮小しながらでも、生き生きとやってくれる場を作ってくれたので、子どもたちも楽しそうで、本当に思い出になるなと思いました」

 コロナ禍で変わりゆく運動会。来年はどんなスタイルで行われるのでしょうか。

運動会では様々な感染対策がとられています

 <運動会でとられた主な感染対策>

 ●密を避けるため「かけっこ」は1レーンずつ空ける
 ●競技中はマスク外すが、待機中はマスクを着用
 ●観覧の保護者は1家族2人まで
 ●2学年ごとに"分散"して開催

 密になる状態を避けるためか最近では「騎馬戦」「綱引き」といった競技がなくなるケースも。かわりに登場したのがシートの四隅をもってボールを運ぶ「ウーバーボール」といった新競技。コロナ禍で運動会も様変わりしているようです。

  • みんテレ