北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

なぜ浸水したのか 「天災と人災と言い方をすれば、やはり人災」 専門家と事故原因探る 観光船沈没1か月

友だち追加

 北海道知床半島沖で、観光船「KAZU 1 (カズワン)」は、なぜ沈没したのか。本格的な調査が今後行われますが、考えられる原因は何なのでしょうか?

 井戸 和也 記者:「天災なのか? 人災なのかどちらで考えていますか?」

 神戸大学 海洋政策科学部 若林 伸和 教授:「天災と人災と言い方をすれば、やはり人災」

 海底約115mに沈没したカズワン。海難事故の調査や原因究明に詳しい神戸大学の若林教授は、「人災の可能性」が高いといいます。

 神戸大学 海洋政策科学部 若林 伸和 教授:「一番の問題が『出航したこと』が問題で、その判断が厳しいものであった」

「出航したこと」が問題と指摘

 事故当日は強風注意報に加え、出航の20分ほど前には、波浪注意報が出ていました。そして、波の高さは正午ごろを境に急激に変わり、その後、3メートルを超えました。

 神戸大学 海洋政策科学部 若林 伸和 教授:「上から滝が降ってきているような状態。小型船舶は、波3mではいけない。通常は無理。無茶というよりも無理」

 カズワンから118番通報が来たのは、4月23日午後1時18分、その時の内容が「カシュニの滝のすぐそば」「船首が浸水」「エンジンが使えない」というものでした。

 そして、午後2時ごろ「30度傾いている」と運航会社へ連絡がありその後、消息を絶ちました。なぜ、カズワンの船首部分に浸水が始まっていったのか?

 これは、カズワンを上から撮影した写真です。船首部分にあるハッチは、運航中は使わない、錨やロープを船底のスペースに入れるための扉です。

船首のハッチから浸水の可能性も

 神戸大学 海洋政策科学部 若林 伸和 教授:「ロックをしていなかったら、揺れて風があって水が入ってきたときに、(ハッチが)開いてしまう可能性や、ハッチから浸水する可能性がある。波をかぶるたびに水が増えていく、どんどん前が下がっていく状態で、さらに水がたまっていく状態が考えられる」

 さらに、後部デッキからの浸水もあり得るといいます。

  • みんテレ