北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

知床観光船沈没 まもなく1か月 献花台には全国から"740束の花束"「早く家族の元に」願いと祈りこめ

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道知床半島沖で26人を乗せた観光船が沈没してから、まもなく1か月を迎えます。

 斜里町に設けられた献花台には、花を手向ける人の姿が絶えません。そこにはどのような思いが込められているのでしょうか?

 滝川市から訪れた人:「1日でも早く家族の元に帰っていただきたい。それだけ願っています」

 札幌市から訪れた人:「気の毒ですよね、かわいそう。早く見つかって大好きな人たちと会えればと…」

 献花台には、5月19日も多くの人が訪れています。

 田中 うた乃 記者:「沈没事故から、まもなく1か月が経とうとしています。斜里町の献花台には全国から700以上の花束が寄せられています」

 事故の2日後に献花台が設置されて以来、5月18日までに寄せられた花束は740束に上ります。

全国から寄せられた花束

 ひとつひとつの花束にこめられたさまざまな思い。
 
 5月1日。美幌町から家族5人で訪れ花を手向けた人は。

 美幌町から訪れた人:「うちも同じ年ごろの子どもがいるので、知床に来ることあれば、お花供えたかった」

 沈没した「KAZU1(カズワン、19トン)」には2人の幼い子どもが乗船したとみられています。

 そのうち、3歳の女の子は発見されましたが死亡。

 供えられた花の中には、ぬいぐるみや菓子が添えられたものも。

花束のほか、ぬいぐるみや菓子を供える人も

 美幌町から訪れた人:「7歳の子が見つかっていないじゃないですか。早く見つかってほしいなと思い、みんなでお参りさせていただきました」

 兵庫県から訪れた人(5月11日):「知床の自然が好きで(乗客は)楽しみにして来たのに、残念な形になってしまった。自然に魅了される1人として、いち早く見つかってほしいなという思いで、足を運びました」

 兵庫県から訪れた40代の会社員です。

 世界遺産の知床の自然に魅了され、この2年で10回ほど訪れています。

  • みんテレ