北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

【コンサドーレ】中島大嘉が代表合宿へ意気込み 「“バケモン”になる」…パリ五輪サッカー日本代表候補

スポーツ 友だち追加

U-21日本代表候補に選出された北海道コンサドーレ札幌の中島大嘉選手 (C)2022 CONSADOLE

 日本サッカー協会(JFA)は5月6日、2024年のパリ五輪を目指すU-21、21歳以下の日本代表候補のトレーニングキャンプメンバー27人を発表しました。

 北海道コンサドーレ札幌から選出されたFW中島大嘉選手(19)が同日、オンラインで取材に応じ、応援してくれる人たちの「日常を彩る、生活を華やかにする」ような活躍を誓い「自分らしくぶちかまし“バケモン”になってくる」と意気込みました。

 中島選手はサッカーの名門・国見高校から2020年にコンサドーレの特別指定選手を経て昨年、正式加入。今季はここまでJ1リーグ7試合に出場し2ゴール、YBCルヴァンカップ・グループステージでは5試合で4ゴール1アシスト、公式戦でチームトップとなる6得点を挙げる活躍をみせています。

 メンバー選出に“驚きはなかった”と話すパリ五輪世代の注目株、中島選手の主なコメントは次の通りです。

 Q.U-21日本代表候補メンバーに選出された気持ちはー

 「今までの日々の積み重ねの結果を評価してもらえたからだと思うのでそれは素直に嬉しい。候補のキャンプがあるのは知っていたので驚きはなくて“入るかなぁ、入ったらええなぁ”と思っていたので入ったんだ、良かったなと」。

 Q. 招集される自信があったのかー

 「正直、(代表云々を)考えてる余裕が今の自分にはなくて、毎日“今”高めなくてはいけないところや“今”成長するというところで毎日生きていてチームの活動以外のことを考える余裕がなかった。あんまり何も考えてなかった」。

 Q.代表候補合宿でどのようなプレー、活躍をしたいかなど目標はー

 「今年ここまでやってきてJ1でも圧倒できる武器になりえる部分はあるので、ヘディング、スピード、迫力はU-21代表の中でも飛び抜けているものはあると思う。そういう所をしっかり見せながら、それ以外の今自分がやらなければならないことを集中していつも通り取り組めるように(したい)。現時点で自分が“できること”と“できないこと”は自分でも分かっている。できないことを無理してやろうとするんじゃなくて、もちろんチャレンジはするが、結構、冷静に分析、準備できていると思っている」。

 Q.意気込みをー

 「いろいろなサポーターの方が期待してくれて応援してくれているのをゲームに絡むことが多くなってすごく感じている。練習にもたくさんのサポーターが来てくれている。その人たちの日常を少しでも彩れたら。それがプロサッカー選手のやるべきことだと思う。自分は普段はコンサドーレの選手だが、外に行って代表だったりで、より多くの人たちの生活を華やかなものにできるチャンスだと思うので、しっかり自分らしくぶちかましてこようかなと思っている」。

 Q. 代表合宿で何点決めたいかー

 「今回選ばれているメンバー、細谷(真大)さんとか、鈴木唯人さんとか、藤尾翔太さんとかがいる。あの人たちは自分が持ってないものを持っている、それは学べるものだと思うのでしっかり吸収して、鈴木唯人さんとかホンマにポストプレーめっちゃうまいなと思うので、少しでも吸収して喰っていけたら。自分の身体能力にはすごく自信があるので“バケモン”になって帰ってこられるんじゃないかと“自分に期待してます!”」


 今回のU-21日本代表候補トレーニングキャンプは5月9日~11日に千葉県・高円宮記念JFA夢フィールドで行われます。

 中島大嘉が“バケモン”に変身する場所になるのかもしれません。

 【中島大嘉(なかしま・たいか)選手プロフィール】
 生年月日:2002年6月8日 出身地:大阪府 身長:188cm 体重:77kg 背番号:45 ポジション:FW 所属:アイリスFC住吉~RIP ACE SC U-15~国見高

 ◆北海道コンサドーレ札幌 次戦日程
 5月7日(土)16:00~@札幌ドーム
 明治安田生命J1リーグ第12節
 vs 京都サンガF.C.

  • みんテレ