北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

今年は簡単におうち菜園 プランター不要の土であっという間に準備完了!おしゃれな栽培キットも人気

友だち追加

 初夏を迎え家庭菜園を始める方も多いのではないでしょうか。

 初心者の方でも、また、マンションに住む方でも、簡単にできる栽培キットが人気を集めています。インテリアの様なオシャレなものも登場しますよ。

 5月6日は、札幌市で2022年で初めて25℃を超えて、夏本番の暑さになりました。気温が上がると売れ始めるのが、花や野菜の苗です。

 コロナ禍でおうち時間が増える中、家庭菜園を始める人も増えているそうです。

 男性客:「(家庭菜園は)2~3年くらい前からです。毎年毎年、違う品種で、育ち方が変わってくるので、それが楽しいです」

 男性客:「初めてですね。年だからそろそろやろうかなと」

 女性客:「花がメインだったけど、コロナで時間がとれるようになったので、野菜とか果樹がメインになってきた」

 札幌市北区のホームセンターでは、野菜の苗だけでも300種類あり、ゴールデンウイークは、多くのお客さんで賑わっています。

 ジョイフルエーケー屯田店 鈴木 貴之さん:「夏野菜を中心に、トマトが種類豊富にそろっています。ちょうど入り始めたところで、全ての種類がそろうのがGWを明けたころです」

野菜の苗だけでも300種類

 近年は、初心者でも簡単に始められる商品も増えています。

 特に人気なのが、畑やプランターがいらない野菜用の土です。その他に、必要なのは、苗と支柱だけ。

 ジョイフルエーケー屯田店 鈴木 貴之さん:「こちらが手軽に始められる土。袋の上部を切って少し折る。水抜きの穴の印がついているので、ボールペンなどで開ける。掘ってそのまま植える。これだけです」

 大手飲料メーカーのカゴメが販売しているこの商品。

 袋をあけてから苗植えまでかかった時間は、わずか2分。あとは、土が乾かないように定期的に水をあげるだけ。

 つるが成長したら、支柱を立てて巻きつけます。

 ジョイフルエーケー屯田店 鈴木 貴之さん:「ヤシの繊維で出来ているので、栽培が終わってそのまま燃えるごみとして捨てられる。非常にやりやすい商品なのかなと」

  • みんテレ