北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

残る12人の捜索続くも手がかり見つからず…知床観光船沈没から12日目 「無人潜水機」7日にも到着か

事件・事故 社会 友だち追加

 知床半島沖で26人を乗せた観光船が沈没した事故は、発生から5月4日で12日目です。 

 いまだに12人が行方不明のままで、懸命の捜索が続いています。

 地元の漁師:「気象を見ながら行動を決めていきたい。よろしくお願いします」

 石井 祐里枝 アナウンサー:「きょうも地元の漁師40人ほどが捜索に出発しました」

 4日は悪天候のため、空からの捜索態勢は大幅に縮小されました。これまでに、新たな手掛かりは見つかっていません。

 地元の漁師:「国後島沖まで行った。(Q:なにか手掛かりは? )残念ながら…。これから波が出てきてガスがかかる」

 捜索に協力し続ける地元の漁師たちに対し、桂田精一社長は一度、頭を下げに来たということです。

 地元の漁師:「捜索する漁師に『迷惑をかけてしまうけどよろしく』と頭を下げていた」

 これからサケの定置網漁やウニ漁が本格化するため、漁船が捜索に参加するのは5日までとなりました。

 ウトロ漁業協同組合 深山 和彦 組合長:「なかなか皆さんを見つけられずヤキモキしている。6日からは操業、網入れなど仕事の時に見張りを立てて(海も)見ていきたい」

 海保はこれまでの捜索で「KAZU1(カズワン)」の後部ドアから水中カメラが入って撮影した写真を4日夜にも公開するとしています。 

水中カメラで撮影した「KAZU1」船内写真公開へ

 また遠隔操作の無人潜水機を備えた民間の作業船「新日丸」は、7日にも知床半島沖に到着する見通しです。

 残る行方不明者12人の懸命の捜索が続いています。

(KAZU1の「ワン」は正式にはローマ数字)

  • みんテレ