北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

ウニ・ニシンに次ぐ"起爆剤"に…「おタテ」 希少&ぷりぷり&甘い 小樽市イチオシ 新たな海産物に期待

道内経済 友だち追加

 コロナ禍で観光客が激減した北海道小樽市。街が観光の起爆剤として「おタテ」という海産物を推しています。

 初めて聞くこの名前、一体なんなのでしょうか。

 小樽市です。海に面したこの街の代表的な海産物といえばウニやニシンが有名ですが、コロナ禍のいま、それに次ぐ新たな海産物を推しています。

小樽市の代表的な海産物といえば「ウニ・ニシン」

 午前4時ごろ、小樽市街地から車で10分ほどの漁港で水揚げされていたのは、大量の「ホタテの稚貝」です。

 そして4時間後、少量ですが普通の大きさの成貝も水揚げされていました。まさしくこれが…。

 漁師 中村 啓太さん:「これが『おタテ』。小樽のホタテで『おタテ』」

 明治から昭和初期にかけニシン漁とともに栄えた小樽のホタテ漁。

乱獲の末…小樽市から姿を消した「ホタテ」

 しかし乱獲の結果、小樽からホタテは消えました。

 その後、試行錯誤の末、1980年代に養殖で復活。稚貝を主に道東に出荷するビジネスモデルを築きました。

 成貝まで育ったホタテの水揚げはごくわずかで小樽市でもマイナーな海産物でしたが、コロナ禍のいま、その希少性をウリに推しだしているのです。

成貝まで育ったホタテの水揚げはごくわずか

 安野 陽介 ディレクター:「おいしいです。水揚げしたてだと弾力がものすごいです」

 おタテ漁は4月に始まり、夏に最盛期を迎え11月まで続きます。そのため長い期間、旬を味わえます。

4月に始まり夏に最盛期を迎える"おタテ漁"

 おタテを小樽のブランドに。市役所の職員、商店街の理事長、そして大学の先生が定期的に集まり戦略を練っています。

 小樽堺町通り商店街 久末 智章 理事長:「1時間以内に水揚げして食べられるから、小樽に旅に来てください。そういうウリでやっていくのは、アリだと思う」

 小樽市は大型連休で少しは賑わいを取り戻したものの、コロナ禍以前には遠く及びません。

 おタテは希少性に加え、市街地からすぐそばでとれる新鮮さもウリに観光客を呼び込みたいと考えています。

 安野 陽介 ディレクター:「お寿司屋さんでおタテ料理を味わえるみたいです。行ってみます」

 新鮮なおタテを味わうには、なんといってもお寿司です。

  • みんテレ