北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

【カーリング】フォルティウス 北海道電気保安協会とスポンサー契約を締結

スポーツ 友だち追加

船山弓枝選手

 ◇船山弓枝選手(44)
「昨年12月にチーム発足会見をして、チームの活動方針やスポンサー募集の話をさせていただいた。あれから4ヵ月が経ち、きょう、北海道電気保安協会様が私たちと夢を一緒に追いかけていただけるということで感謝しています。私たちをバックアップしていただけるのもあり、胸にクレスト(スポンサーのワッペン)を付けて5月の日本選手権でプレーすることができる。今後の活動は競技だけではなくて、カーリングの幅広い普及や育成なども考えている。大会が終わったらそちらも少しずつやっていきたい。私たちが色々と挑戦をする中で、進化を求めていきながら、強くなれるチームを目指していきたい」

近江谷杏菜選手

 ◇近江谷杏菜選手(32)
「私たちは活動の大半が海外の遠征で、チーム単位で活動していくのには大変な資金が必要になってくる。その中で北海道電気保安協会様が手をあげていただき感謝しております。北海道電気保安協会様の事業所も全道で30以上あるということで、私たちがカーリングを通して、活躍していく中でも、少しでも従業員の皆様にも元気を与えられるように私たちも頑張っていきたい。理事長からもあったように“チャレンジ・挑戦”というキーワードは私たちにとっても重要な言葉。この言葉を共有して一緒に歩んでいけるとうれしく思っています。プレーで返していきたい。まずは5月の日本選手権、自分たちの全力をぶつけて戦っていきたい」

小野寺佳歩選手

 ◇小野寺佳歩選手(30)
「今回、北海道電気保安協会様がトップスポンサーになっていただけるということですごくうれしい気持ちでいっぱい。私は雇用契約もさせていただきまして、6月から職員として働かせていただくことになりました。カーリング選手としても職員としても成長していけるように日々頑張っていきたいと思います。松原理事長もおっしゃられていましたが、北海道電気保安協会は60周年を迎える時に、ちょうどミラノ・コルティナ五輪が開催されるということでしっかり私たちが活躍できるように日々頑張っていきたい。北海道電気保安協会のマスコットのホーちゃんなんですけど、北海道の“ホ”と、保安の“ホ”と、佳歩の“ホ”だなと勝手に自分で解釈しまして、すごく愛着が湧いております。日本選手権がフォルティウスとしてスタートを切って最初の大会になる。五輪が終わってすぐの大会なので、カーリングの熱が今、すごく高まっているのでしっかり熱いプレーで皆さんを楽しませるようにしたい」


 ◇第39回 日本カーリング選手権
5月21日~29日 アドヴィックス常呂カーリングホール(北海道北見市)

  • みんテレ