北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

"GPS機器"外していた 無線アンテナも壊れたまま「整備のために取り外した」 知床観光船遭難

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道斜里町の知床半島沖で遭難した観光船からは、海上での位置が分かるGPS機器が取り外されていたことがわかりました。

 遭難事故から5日目となる4月27日も海上保安庁などが、行方がわからない15人の捜索にあたっています。

 現場周辺の海上では最大瞬間風速30メートルの強風が吹くほか、波の高さは27日午後にも3メートルとなり、28日は4メートルとしける予想です。

 このため、地元の漁業関係者などの捜索は見合わせています。

 一方、遭難した観光船KAZU1(カズワン)を巡っては、網走海上保安署が事故の2日前に点検した際、船の位置が分かる「GPSプロッター」と呼ばれる機器が取り外されていたことが分かりました。

 会社は「整備のために取り外している」と説明していて、事故当日に取り付けられていたかは分かっていません。

 また会社の元従業員によりますと、3か月前、事務所の無線のアンテナが強風で壊れ、船とのやりとりができない状態になっていました。

 事故当日、KAZU1からの緊急を伝える無線は、別の観光船運航会社が受信していました。

(KAZU1 のワンは正式にはローマ数字)

  • みんテレ