北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「いずれ起こすと思っていた」元船長証言 遭難の"KAZU1"ずさん管理の実態 船体の亀裂放置疑いも…

事件・事故 社会 友だち追加

 今回遭難した観光船「KAZU1」は2021年、2回の事故を起こしていました。今回の事故の背景には何があったのでしょうか。

 これは、今年2月に撮影された知床の観光船「KAZU1」。

 この2か月後に恐ろしい事態を招くことなど、誰が考えたでしょうか。

 本来なら知床の雄大な自然の中を走り、野生の動物を間近で見られるはずだった知床の観光船「KAZU1」。

 しかし、4月23日、26人が乗船し、海に出たきり消息を絶ちました。

 なぜ事故は起きてしまったのでしょうか。

 その背景にはあるできごとが。

 Q:「以前にも座礁事故などがあった?」

 別の観光船の船長「2021年に2度ほど事故があった。もう少し慎重にやってほしかったと思いますね」

 ウトロ地区の住民:「2021年も2回も事故があったということで、(地元でも)不安はありましたね、大丈夫なのかなとか」

 2021年5月、漂流物に衝突し乗客3人がケガ。6月には浅瀬に乗り上げる事故をおこしていた「KAZU1」。

 別の観光船の船長:「水が出ていた。(Q:どの位の亀裂が入っていた?)見たのは10センチ位。(Q:修理はしていなかった?)していなかったですね。どうしてしなかったのか分からない。見たのは3月24日か25日くらいかな。(亀裂は)船主から2メートルくらい後ろ。座礁事故を起こした時点で、直しておかないと。人を乗せる船だから、そんな簡単なものではないな」

 「KAZU1」は23日が、2022年初めての出航で、修理が不十分なまま、海に出た可能性があるといいます。

 Q:「海の状況は何か聞いていたことはあった?」

 ウトロ地区の住民:「朝はそうでもなかったんですけど、だんだん風と波が出てきて、昼からはけっこうなしけになっていました」

 別の観光船の船長:「朝、(「KAZU1」の船長に)あいさつされて、行ったらだめだよ、と言った。危ないなと思いましたね。1隻だけだと、何かあっても対処しきれないから。まして漁船もみんな帰ってきてしまっているし。何もかにも悪い方に、悪い方に作用した」

  • みんテレ