北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「怒号が飛び交っていた」家族説明会で怒り噴出 「(亀裂から)水が出ていた」証言も 知床観光船遭難

事件・事故 友だち追加

 北海道斜里町、知床沖の観光船の遭難事故。4月23日の発生から25日夕方までに11人が見つかり死亡が確認されました。残る15人の捜索が続いています。これまでの動きをまとめました。

 (上空のヘリから):「観光船が浸水してから約5時間が経ちますが、まだ船は見つかっていません。現場海域では海上保安庁の船が観光船を捜索しています」

 「浸水している」

 4月23日午後1時15分ごろ、北海道斜里町の知床半島沖で消息を断った観光船「KAZU1(カズワン)」。子ども2人を含む26人が乗っていました。

 事故発生とともに、危機的な情報が次々と寄せられました。

 「船首が浸水して沈みそう」「乗客全員に救命胴衣を着せた」

 そして、23日午後2時ごろ…

 「船が30度くらい傾いている」

「船が30度くらい傾いている」

 KAZU1はこの連絡を最後に、行方が分からなくなりました。

 (上空のヘリから):「現場の海域は日没の時間を迎えましたが、乗員乗客の安否はわかっていません。今も海上保安庁のヘリが船の捜索を続けています」

 世界遺産に登録され、手つかずの大自然とヒグマなど、多様な野生動物が生息する人気の観光名所。

 観光船は23日午前10時にウトロ漁港を出航し、目的地の知床岬を折り返し、23日午後1時ごろ「カシュニの滝」近くを航行していたということです。

 しかし、この日は波浪注意報が発表され、波の高さは約3メートルと高かったといいます。この日、海に出ていた漁業関係者は…。

 地元の漁業者:「西風が結構吹いてきて、仕事にならない。海水温も(23日は)2℃で寒い、冷たいと思う」

 地元の漁業者:「結構"しけ"だったので、この日に出たのか、というのが第一印象」

地元漁業者は出航を見合わせていた

 一方、船の航行に詳しい海洋学の専門家は、事故要因の一つに天候の悪さをあげます。

 東海大学 海洋学部 山田 吉彦 教授:「今回の事故の一番の原因はこの悪天候、厳しい気象条件の中での運行にあった。波浪注意報が出ている状況、出るような状況では(出航を)見合わせるのが必要だった」

 さらに船内は事故直後、短時間で危機的な状況に陥ったのではと指摘します。

 東海大学 海洋学部 山田 吉彦 教授:「3メートルの波で、このタイプの観光船での遊覧であれば、ほとんどの人が船酔いしていただろう。おそらく相当短い時間で浸水が始まって傾いて、(傾きが)30度というとほとんど海面が真下に見える状況。あっという間に船内が水に浸かつた。この船だと30度傾いた段階で手の施しようがない、なかったと考えられる」

  • みんテレ
  • 北海道チャンネル