北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

"船体捜索"難航か 遭難海域「急斜面、断崖絶壁で水深100メートル以上も」 船内に乗員乗客いる可能性

事件・事故 社会 友だち追加

 知床半島沖で観光船「KAZU1」が浸水し、乗客乗員26人が安否不明となった事故で、これまでの捜索で10人が発見されましたが全員の死亡が確認されました。

 第一管区海上保安本部によりますと、現在までに10人が発見されましたが全員の死亡が確認され、残る16人の懸命の捜索が続いています。

 船体の捜索は難航しています。

 観光船「KAZU1」が遭難した海域は知床半島に沿って海面下が急斜面、断崖となっている地形で、急激に水深が深くなっている場所も多く、深いところでは100メートル以上もあるということです。

 見つかっていな乗客乗員が船内にいる可能性もありますが、船体の捜索には特殊な機械が必要になる場合もあり、目視で発見できなかった場合、捜索が難航する恐れが高まっています。

 「KAZU1」は4月23日、知床沖を航行中、「船首部分から浸水している」との救助要請をしたあと、遭難したものです。

 これまでの調べで「KAZU1」は2021年5月と6月に相次いで事故を起こし、国から指導を受けていたことがわかりました。

 出航前に船長と話したという別の遊覧船の船長は…

 別の遊覧船の船長:「(Q船首に亀裂?)船首の2メートルぐらい後ろ側。僕が見たのはこれぐらい。僕は(出航を)止めました。どんどん波が悪くなるからやめた方が良いぞと。(Q船長は?)はいとは言ったけど」

 国の運輸安全委員会は事故調査官3人を現地に派遣するなどし、事故の経緯や原因を詳しく調べる方針です。

  • みんテレ