北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

1ドル130円に迫る勢い "悪い円安"が暮らしを直撃…外国産牛肉・ワインなど「輸入価格」ますます上昇

社会 友だち追加

 1ドル130円に迫り勢いが止まらない"円安"。

 輸入価格の上昇で、私たちの暮らしへにも大きな影響が出始めています。

 北海道内外で12店舗を展開するステーキ店「ビーフインパクト」

ステーキ店「ビーフインパクト」

 外国産牛肉を主に扱い、分厚いステーキを炭火でレアに焼き上げるのが特徴です。

 看板メニューは、1g7円からリブロースをたっぷりと食べられるビーフインパクトステーキ。

 創業以来、オーストラリア産にこだわってきましたが、2021年8月、値段が安定して品質も同程度のウルグアイ産に切り替えました。

オーストラリア産からウルグアイ産に切り替えた

 その理由が…。

 大東エンタープライズ 花田 孝志 常務:「オーストラリア産がなかなか手に入りづらい。価格が正直倍近くまで上がっている」

 オーストラリア産のリブロースの卸売価格は、2022年3月時点で1kg約3200円。

 前年同月比と比べて700円近くの値上がりです。

今後も仕入れ価格の上昇が予測される

 大東エンタープライズ 花田 孝志 常務:「オーストラリアの干ばつ、原油高、コロナの影響で供給量が落ちている」

 そして今、追い打ちをかけようとしているのが「円安」です。

 ただでさえ苦しいのにさらなる仕入れ価格の上昇が予想されます。

 大東エンタープライズ 花田 孝志 常務:「6月、7月ぐらいの価格に大きく影響しそう。かなり厳しい状況だが、あからさまに値上げをしてお客様が減るよりは、企業努力で何とか価格を今のところは据え置く」

 円安の影響を受けるのはもちろん牛肉だけではありません。

 札幌市中央区の時計台ビルにある、キャビネ・ドゥ・ヴァン・サッポロ。

キャビネ・ドゥ・ヴァン札幌

 キャビネ・ドゥ・ヴァン・サッポロ 大床 敏風 GM:「こちらの棚は自社輸入商品。フランス・ロワール地方のサンセールのワイン。(北海道でも)当店だけかと思います」

 フランス産ワインを自社輸入。

 コストを抑えながら、大手にはない独自のワインの品ぞろえが自慢です。

  • みんテレ