北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

クマ出没情報注意喚起遅い?重傷追った男性「警告に気付かなかった…」 "住民に伝わらない"広報の課題

事件・事故 友だち追加

 2021年6月、札幌市東区の住宅街で札幌市民ら4人がクマに襲われ重軽傷を負った事故。札幌市の広報体制には課題が残りました。

 目撃が相次いだのは午前3時30分ごろでしたが、広報車が到着したのはすでにけが人が出ていた午前6時ごろ。

 通信アプリLINEで札幌市民に注意喚起したのは、子どもたちの登校時間も過ぎた午前9時ごろでした。

 警察との連携のほか、情報発信の遅れが指摘されました。

 路上で襲われ、140針も縫う大けがをした男性も警告に気付かなかったといいます。

 襲われた男性:「クマ出てるのは知らなくて、パトカーの呼び掛けあったのは、ほかの人から(後から)聞いたけど、こっちまで聞こえていなかったので。例えば地震速報みたいな感じでアラートにするとか(したほうがいい)」

 北海道警北警察署のパトカー:「現在ヒグマのような動物が目撃されています。建物の中に入ってください」

 今回、札幌市北区で相次いだ目撃。札幌市の広報体制はどうだったのでしょうか。

 札幌市は4月19日、警察に目撃情報が寄せられた午後10時ごろに事態を把握。警察は現場での警戒を続けます。

 札幌市は夜が明けた午前6時30分ごろから調査を開始し、最初の情報発信は1時間30分後、Yahooの防災アプリで行いました。

 2件目については午前7時52分に目撃され、最初の発信は午後2時5分。

 札幌市としては、警察による警戒や報道機関による情報発信が行われていて、発信に遅れはないとしています。

 札幌市民は…

 住民:「クマ?知らないです」

 住民:「知らないです。初めて聞きました」

(Q.近くの駐車場に出たが…)
 住民:「え、ほんと。それは知らないです。え~こんなところで。もっとずっと向こうかと思っていた」

 札幌市は今後、より登録者が多い無料通信アプリ・ラインで現地職員から配信出来るようにするなど迅速に対応したいとしています。

  • みんテレ