北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

経済活動で気候変動進む…地球の危機救って 動き出した15歳「1人のストライキ」【人新世に生きる】

社会 友だち追加

 人新世(ひとしんせい)。人間によって環境破壊、気候変動が進む現代を表す言葉です。北海道の若者とともに気候変動を考えます。今回は、気候変動の行動を求める15歳の「たったひとりのストライキ」。

 北海道十勝地方・幕別町に住む15歳、角谷樹環(かどや・こだま)さん。たった一人で帯広駅前に立ちました。

 角谷 樹環さん:「気候変動のために活動している人がいるということを伝えたい」

 温暖化などへの対策を求め、世界の若者がこうした活動を始めています。

 「学校ストライキ」と呼ばれます。

 大切な人の未来のために、立ち上がった少女の旅路。

北海道幕別町に住む15歳、角谷樹環さん

 幕別町に住む15歳、角谷樹環さん。環境のため家族は電気を極力使わない暮らしをしています。

 気候変動に関心を持ったのは小学生の時。カナダ人の少女の訴えを目にしたことがきっかけです。

 角谷 樹環さん:「ここがすごく印象に残っていて、(環境が破壊されたら)"永遠に戻ってこない"というのが、絶対に戻らないというのは怖いなと思いました」

 温暖化などの気候変動で世界では大規模な山火事や干ばつ、氷河が溶けて海面が上昇するなどの影響が出ています。

 角谷さんは2021年9月、気候変動対策を求める団体に参加。10月の衆院選では候補者に温暖化対策を訴えました。

 角谷 樹環さん:「私たちは気候変動で死にたくはありません。しかし、そのことを政治に反映することができず、このままでは気候変動によって誰か、あるいは自分たちが死ぬことを見ることになります。みなさんには、そのようなことにならないようにする責任があるはずです」

10月の衆院選では候補者に温暖化対策を訴えた

 世界の若者たちも声を上げ始めています。角谷さんと同じ15歳で学校ストライキを始めたスウェーデンのグレタ・トゥーンベリさん。国連で対策を怠っている大人に対し怒りをあらわにしました。

 グレタ・トゥーンベリさん:「私たちは人類絶滅の入り口にたっているのです。あなたたちが話すのはお金のことばかり。どうやって経済を発展させるかというおとぎ話。恥を知りなさい」

 2020年に出版され、45万部のヒットとなっている斎藤幸平さんの『人新世の「資本論」』。

 気候変動を止めるためにも、経済成長を追い求めるのをやめるべきだと訴えます。

 斎藤 幸平さん:「私達は経済成長を続けていくことこそが、豊かさや社会の繁栄にとっての基本的な、あるいは絶対的な前提であると考えてきたし、考えるだけの理由もあった。ところが、今そうした経済成長が深刻な格差や気候危機というものを引き起こしている。私達も日常の生活において変化を起こしたかというと、マイボトルやマイバッグをちょっと持っただけで、満足してしまっている可能性がある」

  • みんテレ