北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

"凍死"の女子中学生 第三者委が"生徒7人"による"いじめ"認定…性的行為の強要など6項目 旭川市

事件・事故 社会 友だち追加

広瀬さんの母親が胸中を語ってくれた

 旭川市 今津 寛介 市長:「(報告書は)非常に感情がないというか、無機質な印象を率直に受けている。(遺族が)要望があるとすれば、それは真摯に受け止めていかなければならない」

 北海道 鈴木 直道 知事:「旭川市においては、全容の解明、内容を踏まえて中で再発の防止に取り組んでもらいたい」

 今後の調査は、死亡といじめの因果関係が焦点となりそうです。

 旭川市民や札幌市民からは、「親は納得できないだろう」「関係者は真剣に取り組んでいたのか」「などの怒りの声や、「かわいそう」「自分もいじめを受けていたが、認めてもらえず支援もなかった」などの声が聞かれました。

第三者委は、生徒7人による6項目のいじめを認定

 第三者委員会が「いじめ」として認定した6項目です。これらに7人の生徒が関わっていました。

・性的行為の強要
・性的画像の撮影と送信の強要
・菓子など物をおごらせる行為
・深夜の呼び出し
・広瀬さんをからかい続け、パニック状態の本人を突き放す不適切な発言
・性的な話をされたあと、体を触られるなどした事案

 広瀬さんが在籍していた学校の校長は、「ご遺族に対し、心からおわび申し上げます。学校としても公表された内容を精査し、それを踏まえ、いじめ防止等に全力で取り組み事で、生徒、保護者、地域の皆さまからの信頼の回復に努めてまいります。教職員が一丸となって、生徒が安心して学び、生活できる学校づくりに努めてまいります」とコメントを出しました。

いじめをめぐる経緯

 いじめをめぐっては、2019年6月、広瀬さんは体を撮影した画像を送信させられ、複数の生徒とトラブルとなり、入水の自殺未遂を図りました。

 別の中学校に転校した広瀬さんは、2020年5月に「いじめを受けていた」とSNSに匿名投稿し、2021年2月に行方不明。翌3月に遺体で発見されました。

 2021年4月、旭川市教委が「いじめの重大事態」認定。2022年3月、第三者委が「いじめ」と認定し、今回の発表に至っています。

  • みんテレ