北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「日本に永住できれば…」ウクライナから避難の男性 孫娘らと新たな住まい 家電製品など無償貸与 旭川市

社会 友だち追加

 ロシアの侵攻を受けたウクライナから3月、旭川市に避難してきた男性。孫娘らと暮らす新たな住まいが公開されました。

 新たな住まいに笑顔を浮かべる降籏英捷さん(ふりはた・ひでかつ、78)。

 旭川市と北海道の支援で4月8日に引き渡された3LDKの道営住宅には、冷蔵庫や電子レンジのほかベットも。

 旭川市の社会福祉協議会が無償で貸与してくれたり、支援者から提供がありました。

 「畳、気持ちいいでしょ」

 ウクライナから避難 降籏 英捷さん:「こんなすてきな住宅で暮らせるとは思っていませんでした」

 降籏さんは、第二次世界大戦後、旧樺太・現在のサハリンから日本に引き揚げることができず、残留を余儀なくされました。

 その後、妻の故郷であるウクライナへ。50年以上、ウクライナで暮らしていましたが孫娘らと3月、妹が暮らす旭川市に避難してきました。

 2度の戦火に翻弄された降籏さん。今後については身内のそばにいて、日本に永住したいと考えているということです。

 今は妹の自宅に身を寄せている降籏さん。準備が整い次第、孫娘らと4人で新居で暮らし始める予定です。

  • みんテレ