北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

キタキツネから「高病原性鳥インフルエンザウイルス」検出 国内初…養鶏農家などに感染対策の徹底呼びかけ

社会 道内経済 くらし・医療 友だち追加

 北海道東部を中心に野生のカラスなどの高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染が相次ぎ、2021年10月以降、過去最多の30件が確認されています。

 札幌市で4月4日、野生のハシブトガラスに加えて、国内で初めてキタキツネからウイルスが検出されたことを受け、道は5日、対策会議を開き対応を協議しました。


 北海道 食の安全推進局 山口 和海 局長:「雪が解けてきているので農場まわり含めて石灰の散布をしてほしい」

 5月まで渡り鳥が飛んでくる可能性があることから道は、家畜や養鶏農家に対して野生動物の侵入を防ぐネットの設置や石灰を撒くなど対策の徹底を呼び掛けています。

  • みんテレ