北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

国内"初確認" キタキツネの死骸から高病原性鳥インフル 家きん農場に対策徹底呼びかけ 北海道札幌市

社会 友だち追加

緊急調査を行う北海道

 北海道札幌市で2022年4月4日、死骸で回収されたキタキツネが高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)に感染していたことが確認されました。

 環境省によりますと、哺乳類の高病原性「鳥インフル」への感染が確認されたのは国内で初めてです。

 高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは、3月31日に北海道大学が札幌市内で回収したキタキツネ1頭の死骸です。

 札幌市内で3月29日、死亡した野生のハシブトガラスの死骸が回収され、北大が遺伝子検査したところ、5羽が感染していたことが確認されました。

 さらに、北大が3月31日、ハシブトガラスの回収地点付近でキタキツネの死骸を回収し、独自に検査したところ、感染が確認されました。

 5羽のハシブトガラスについても、高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出され、札幌市内で初の感染確認となりました。

 高病原性鳥インフルエンザウイルスは、ニワトリなどにうつると致死率が高いとされるウイルスです。

 北海道と環境省によりますと、哺乳類が高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染したのは国内では初めてで、感染した野鳥を食べたとみられています。

 哺乳類の感染は、海外では複数確認されていますが、北海道では周辺の半径10キロの緊急調査を行うとともに、北海道内のすべての家きん飼養農場に石灰の散布や防鳥ネットの設置など、対策の徹底を指導することにしています。

  • みんテレ