北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

札幌市は当初「クマがいる可能性は高くない」と判断 巣穴確認の調査員がケガ "駆除"も視野に対策検討

事件・事故 友だち追加

事故があった現場付近

 3月31午後、札幌・西区の三角山で、クマの巣穴の調査をしていた男性2人が、巣穴から出てきたクマに襲われケガをしました。

 午後2時半ごろ、札幌・西区山の手の三角山の山頂付近で、男性2人がクマに襲われました。

 水上孝一郎記者 : 「現場の登山道には大勢の警察官やパトカーがいて、物々しい雰囲気が漂っています。先ほど、クマ注意の看板が貼られ、注意が促されています」

 2人は、札幌市の職員とともにクマの巣穴の調査を行っていた委託業者で、47歳の男性が頭に、58歳の男性が右腕にそれぞれケガをしました。

 自力で下山し、病院に搬送されています。

 3月14日にクマの巣穴があるとの情報が寄せられていて、31日の調査で巣穴を発見し確認していたところ、穴から出てきたクマに襲われたということです。

 クマは体長約2メートルで、2人が撃退スプレーをかけると林に逃げました。

 札幌市の担当者 : 「(クマが出る)可能性がすごい高いわけではないのかなと判断したので、いったんハンターは入れずに。判断が甘かったというか、ケガされた方には申し訳なかったと思っています」

 ハンター2人が市の職員とともに現場に向かいましたが、クマの痕跡などは見つからず引き返しています。

 4月1日も午前6時からハンター8人が市の職員と現場で警戒にあたり、駆除を視野に箱わなを仕掛けるかなど、対策を決めることにしています。

  • みんテレ