北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

【スキージャンプ】北京五輪金の小林陵侑が3季ぶり2度目のW杯総合優勝

スポーツ 友だち追加

小林陵侑選手

 3月27日、スロベニアのプラニツァでフライングヒルによる個人最終第28戦(HS=240メートル)が行われ、北京五輪個人ノーマルヒル金メダルの小林陵侑選手(25)が8位に入り、自身3シーズンぶり2度目の総合優勝を決めました。

 今シーズンW杯8勝の小林選手は自身2度目の総合優勝をかけた1回目で235メートル50を飛んで6位につけます。この大会で20位以内に入れば総合優勝が確定する勝負の2回目。思うように飛距離を伸ばせず8位という結果に終わりますが、ランキングは首位を守り3シーズンぶり2度目となる総合優勝を決めました。今シーズンはジャンプ週間で総合優勝、五輪では金メダルと三つのタイトルを獲得しました。これは史上6人目の快挙達成です。

 なお、石狩市出身の佐藤幸椰選手(26)は236.5メートル、242.5メートルのジャンプで446.8点をマークし2位表彰台に立ちました。

 ◆W杯個人28戦目成績
1位 M.リンビク(ノルウェー)455.1(241.5m・245.5m)
2位 佐藤幸椰(日本)446.8(236.5m・242.5m)
3位 P.プレブツ(スロベニア)438.6(235.5・240m)
8位 小林陵侑(日本)423.7(235.5m・230.5m)
26位 中村直幹(日本)348.1(211.5・203m)
29位 小林潤志郎(日本)313(188m・196.5m)

 ◆W杯総合ランキング
優勝 小林陵侑(日本)1621pt
2位 K.ガイガー(ドイツ)1515pt
3位 M.リンビク(ノルウェー)1231pt
13位 佐藤幸椰(日本)533pt
31位 中村直幹(日本)196pt
32位 小林潤志郎(日本)179pt
39位 伊東大貴(日本)88pt
49位 佐藤慧一(日本)38pt

  • みんテレ