北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

"クマと人" 生活エリア近い北海道 相次ぐ"出没" 共存のヒントは? 専門家と出没エリアを歩く

社会 友だち追加

 雪解けが進み、クマが目覚める季節を迎えました。今後、心配なのがクマが市街地に出没することです。札幌市内では、3月に入ってクマの足跡が相次いで見つかっていますが、クマと人との"取るべき距離"というのが浮かび上がっています。

 廣岡 俊光 キャスター:「入り口にでかでかと"クマ出没注意"と書いてある。人が生活しているエリア、とクマが生活を営んでいるエリアが近い」

 札幌市南区の藻岩山登山道で3月11日と13日、相次いでクマの足跡が見つかりました。過去5年間で最も早いクマの出没情報です。

 2021年は札幌市東区で4人がクマに襲われました。今、クマへの対策が変わろうとしています。

3月に入ってクマの足跡が相次いで発見

 3年前、札幌市南区の住宅街で出没を繰り返したクマ。畑の作物などが被害にあいました。

 クマの被害にあっと男性:「爪がぐっと刺さった(刺された痕)」

 2021年6月には、札幌市東区の市街地に初めてクマが出没。襲われた4人が重軽傷を負いました。

 近年、クマがヒトの生活圏に現れています。酪農学園大学の佐藤喜和教授はクマの生息域の変化を指摘します。

2021年6月には4人が重軽傷

 廣岡 俊光 キャスター:「旭山記念公園に向かう道路です。この周りは住宅が多いエリアです」

 酪農学園大学 佐藤 喜和 教授:「この辺りの、数十平方キロくらいの間で生まれ育って、ここで暮らしているクマも何頭かいる。人が生活しているエリアとクマのエリアは近いですし、公園なんかは重なり合いつつある」

 2018年と2021年のクマの出没情報を比較すると、札幌市東区や同市清田区をはじめ市街地周辺での目撃が増加していることが分かります。

2018年と2021年のクマの出没情報を比較

 酪農学園大学 佐藤 喜和 教授:「市街地においしいものがあるから、出てきているわけではない。住める森が続いているから近くにいるという状況」

 札幌市南区にある緑地帯。帯状になって森から市街地へとつながっています。その茂みの中に身を隠しながらクマは移動してくるといいます。

 2021年、札幌市東区に出没し駆除されたクマを調べたところ、胃の中から茨戸川の魚が見つかりました。

 石狩市や当別町方面からオスグマがメスグマを求め、川沿いを移動し街中に迷い込んだと考えられています。

  • みんテレ