北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

"ウクライナ侵攻" 遠のく北方領土問題 交流20年のロシア人からメッセージが…にじむ平和への思い

政治 社会 友だち追加

 ロシアによるウクライナ侵攻から1か月。北方領土問題が暗礁に乗り上げる中、元島民らの思いを聞きました。

 日本本土・最東端の北海道根室市。

 花咲港には頻繁にロシア船が出入りし、街中にはロシア語表記の看板が目立ちます。 

領土問題を抱えながらロシアとの交流を深めてきた根室市

 領土問題を抱えながらもロシアと交流を深めてきた証でもありますが、ウクライナ侵攻でいま住民感情は揺れています。

 根室市民(80代):「昔の空襲のことを思い出す。早く終わってほしいです」

 根室市民(20代):「北方領土が隣にあるので怖い。ひとごとではないと思います」

 不安が募る中、市民に届いたあるロシア人からのメッセージ。

 そこには複雑な思いがにじんでいました。

 3月24日、卒業式が行われた北海道大学の前では、道内の大学などの教職員らによる抗議活動が行われました。

北海道大学前では"ウクライナ侵攻"への抗議活動が行われた

 一方、根室沖では3月2日、ロシア機とみられるヘリコプターが領空侵犯したほか、ロシア側はその後、北方領土のビザなし交流の停止も表明。

 領土返還は暗礁に乗り上げました。

 根室市でビザなし交流を支援してきた本田幹子さん(64)は…。

ビザなし交流支援を行う本田幹子さん

 ビザなしサポーターズたんぽぽ 代表 本田 幹子さん:「(ビザなし交流停止は)予想はしていましたけど、強烈でした。もう再開することはないのかなとすごく不安になりました」

 本田さんは元島民の2世。

 ビザなし交流でロシア人と親交を深めるにつれ、領土問題解決に向けてはお互いの信頼が大切だと実感してきた一人です。

 ウクライナ侵攻が続く中で、20年以上交流があるロシア人の男性からのメッセージに本田さんは…。

 (メッセージの内容):「どんな形であれ戦争を知っています。どんなに良い計画を立てても、それは悪いことです」

本田さんと20年以上交流のあるロシア人男性からのメッセージ

 ビザなしサポーターズたんぽぽ 代表 本田 幹子さん:「『戦争はよくないこと』だと同じように思っていて安心しました。きついですけど、実際に島の人たちと直接交流したい。島の人たちも望んでいると思うけどな」

 苦悩する人はここにも…。

 77年前、生まれ故郷の歯舞群島勇留島(ゆりとう)を追われた角鹿 泰司(84)さんです。

  • みんテレ