北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

パンの名店"HOKUO"閉店へ…「とてもショック」43年の歴史に幕もファンの熱意受け新店舗を模索

道内経済 コラム・特集 友だち追加

 札幌発祥のパン専門店、HOKUO(北欧)。

 3月に最後の1店舗が閉店を迎えますが、閉店が決まってからも連日多くのお客さんが来ています。

 「いらっしゃいませ、21年間ありがとうございました」

 HOKUOの斉藤 豪 社長(47)。

 自ら店頭に立って接客します。

 3月、HOKUO最後の1店舗が閉店し43年の歴史に幕を降ろします。

 多くの人をとりこにした味にこだわってきた焼き立てパン。

 20代女性:「ここの塩パンが大好きだった。最後のお店で閉店はすごいショックでした」

 40代女性:「今パンが値上がりしてけっこう高い。値段も手ごろでおいしかった。閉店になるまで買いに来る」

 閉店が決まったあとも絶えないお客さん。それが、社長の決意を後押ししました。

 HOKUO 斉藤 豪 社長:「HOKUOはつぶしてはいけないのかな」

社長の決意…

 1979年に創業した“北欧”。最大で37店舗を構え、北海道を代表するパン専門店でした。

 その礎にあるのは、こだわりぬいた生地です。

 HOKUO 福田 智昭 製造部長:「主に上級の一等粉、強力粉に薄力粉をブレンドしている。一般的な生地よりは卵などが多く、リッチな生地で作っている」

 その生地をベースに8時間の手間をかけ生まれたミルクパンのプルニエが、HOKUOの原点です。

 HOKUO 斉藤 豪 社長:「もともと“北欧”にはこの1種類しかない。酪農王国北海道にちなんで始まった」

 しかし、競争が激しくなり2001年ごろから経営が悪化。店舗数を減らしましたが、新型コロナウイルスが追い打ちをかけます。

 HOKUO 斉藤 豪 社長:「コロナ禍になってどうしようもない状態で、手稲店を閉店せざるを得なくなった。最後に残ったのはアピア店だった。アピアにも救済措置をとっていただいた」

 一時、前年の30%にまで落ち込んだ売り上げも原価率を徹底的に管理し値上げをせず、接客の改善などにより、わずか1年で150%にV字回復。

 しかし、2022年3月末の契約満了を機に閉めることを決めました。

 HOKUO 斉藤 豪 社長:「今回はけじめということで3月22日で閉店に…」

  • みんテレ