北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

"ヤングケアラー"理解広がらず孤立も…「相談したくない」難病の母親介護の子も 北海道は支援条例制定へ

社会 友だち追加

 家族などを介護する人「ケアラー」を支援するため、北海道で条例案が議論されています。

 一方で、この問題への理解が深まらず、特に介護する子どもたち「ヤングケアラー」の孤立が課題になっています。

 「Q.ヤングケアラーを知っていますか?」

 50代女性:「なんだろう…分からないです。ヤングが使う言葉?」

 高校生:「知らない」

 高校生:「知らないです」

 同居する祖母の髪を洗う高校生。こうした家族の介護や家事などを担う子どもたちをヤングケアラーといいます。

 人間関係や学業への影響も指摘されます。

 しかし、北海道の調査ではヤングケアラーについて理解していたのは中学生でわずか1割。

 それは当事者でも同じです。

あなたは知っていますか?

 難病の母親を介護する高校生・佐藤 謙太郎さん

 佐藤 謙太郎さん:「(Q.ヤングケアラーに当てはまると思う?)そもそも存在を知らないです」

 支援策が議論される一方、広がらない理解。そのはざまでヤングケアラーは孤立を深めています。

 母親の介護をする高校3年生の謙太郎さん。

 母親の仁美さんは2021年4月、全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病「ALS」と診断されました。

 謙太郎さん:「生理の血が染みちゃった時に替えたことが(大変だった)パンツとか全部ですね。血がついたので」

 家族2人暮らし、今は謙太郎さんの支えなしではトイレやベッドに移動できません。

 謙太郎さん:「ご飯作って。ご飯食べてもベッドから起こして移動させて。トイレ行きたいって言ったら連れて行って」

 明るい性格で謙太郎さんを大切にしていた仁美さん。

 「息子には介護をさせたくない」と思う一方、頼らざるを得ないことが苦しいといいます。

 仁美さん:「(Q.謙太郎さんに介護をさせたくない?)できればされたくない。してもらいたくない」

 謙太郎さんの負担を減らそうと、仁美さんはヘルパーに介護や家事をお願いする時間を増やしました。

 半年前までは日中だけでしたが、3月からはヘルパーを1人増やして午後10時まで対応してもらう日も。

 それでも夜間は謙太郎さんだけが頼りです。

 呼び出し音が鳴ると母親のもとに急ぎます。

 夕食の後は薬などを用意します。仁美さんは胃に穴を空けカテーテルから栄養や薬を送り込む「胃ろう」の手術を受けました。栄養を送る準備も大切な役割です。

 謙太郎さん:「これをお母さんのお腹にある胃ろうに繋いでそのまま流す。注射器で」

 毎日続く母親の介護。しかし誰にも相談をしたことはないといいます。

 謙太郎さん:「まず相談する内容が見つからない。僕が相談することない。」「(Q.最初は介護に対して抵抗もあった?)最初はありました。割り切ってしまえばいいかな。そんな感じなんで特につらいとかはないです」

  • みんテレ