北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

2030年冬季五輪“札幌招致” 「賛成」6割近くに…札幌市民・北海道民の意向調査 結果を公表

友だち追加

 56パーセントがオリンピック招致に賛成の方向です。札幌市が2030年の招致に向けて行っていた札幌市民・北海道民の意向調査の結果が明らかになりました。

 「賛成」と「どちらかといえば賛成」を合わせると6割近くという結果に、北海道民は?

 北海道民:「やっぱりねと言う感じ」

 北海道民:「ちょっと複雑な気持ち」

 この意向調査は郵送とインターネット、街頭での3つの方法で3月2日から実施し、14日に終了しました。

 札幌市民と北海道民約1万4000人から回答を得ました。

 札幌市によると速報値で「賛成」及び「どちらかといえば賛成」と答えた人は郵送で52パーセント、インターネットで57パーセント、街頭では65パーセントと、いずれの調査でも賛成意見が過半数に達していました。

3つの手法での調査でいずれも「賛成」が多くなった

 札幌市 秋元 克広 市長:「この結果を受けて、札幌市は市議会での議論を踏まえつつ、2030年大会の招致活動の次のステップに進むため、今後、関係団体へのより一層の協力を依頼していきたい」

 3月16日の会見で、招致への手ごたえをにじませた秋元市長。札幌市民の反応は。

 札幌市民(20代):「賛成、反対する要素がない。オリンピックをやったら経済効果もあると思うし、自分自身も生で見てみたい」

 札幌市民(10代):「やった方が楽しい。やりたい人の方が多いのでは。活性化するじゃないですか」

 賛成の声が多かった一方で…。

 札幌市民(70代):「私は反対。整備するべきインフラなどがたくさんある。そういうものに金を使った方がいい」

 札幌市民(70代):「どちらかといえば反対。住民が自ら欲しているような気がしない。行政主導で動いているような気がする」

 こういった反対意見に秋元市長は…。

 札幌市 秋元 克広 市長:「反対の人が抱いている不安や懸念に丁寧に答えていくため、今後も市民との対話を継続し、不安や懸念を払拭するための取り組みを継続していきたい」

 札幌市は意向調査の詳しい結果をとりまとめ、4月に発表する予定です。

  • みんテレ