北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

ロシア軍によるウクライナ侵攻 私たちに何ができるのか…人道支援のあり方は 北海道民の声

道内経済 友だち追加

 ロシア軍によるウクライナ侵攻が、激しさを増しています。北海道民はこの戦争を、どのように感じているのでしょうか?

 そして、ウクライナへの人道支援についてどう考えているのでしょうか?

 3月13日、札幌市中央区のJR札幌駅前で行われたウクライナ侵攻への抗議活動。参加者は「戦争反対」などと書かれたプラカードを掲げ、抗議しました。

 北海道内に住むウクライナ人や侵攻する側のロシア人、市民団体など約220人が集まりました。

ロシアのウクライナ侵攻に抗議する人々

 北海道内在住のウクライナ人:「どんどん街が壊れていく」

 父親がウクライナ人の中学生:「早くロシアはウクライナから出て行って、平和と今までの生活が戻ることを願っている」

 道内在住のウクライナ人:「少しウクライナについて考えてもらえるとうれしい」

 この抗議活動は毎週日曜日に行われていて、3月13日が3回目。通りすがりに抗議に加わる人もいて、参加者は増えています。

抗議活動への参加者は増加中

 北海道民は今回の戦争をどう感じているのでしょうか?

 北海道民(60代女性):「朝から泣いてます。できることが何があるか、毎日悩んでいます。抗議活動に私が行ってもいいのかなという気持ちになっている。立っていることだけでも、できるのであれば」

 北海道民(30代女性):「とても理不尽な出来事ですよね。どういう支援をしたらいいのか具体的にはわからないが、戦争が早く終わるように寄付金を使ってほしい」

寄付金の活用を願う市民

 北海道民(70代女性):「胸が痛い。何とかなればいいと思うが、何もしてあげられないのがつらい。私にできることがあればしたいが、具体的にどうしたらいいかわからない」

 北海道民(20代男性):「どちらも正義だと思って戦っているが、関係ない人たちが巻き込まれてかわいそう。必要なのは金銭的な支援ではないか。物資を送るにしても、いらないものを送られてきたりする。現地で必要なものを買ってもらうなどしたら」

 具体的な支援の動きも出てきました。

 北海道はウクライナからの避難民に道営住宅などを提供し、衣食住などを確保することを検討しています。

 対象は北海道内に住むウクライナ出身者、少なくとも25人の親族や知人などで、相談を受け付ける窓口も開設しました。

  • みんテレ